2018年6月15日 (金)

マメ、10周年

マメcatがウチの子になって、今日で、10年。

Img_0618


この、赤い箱の中で、くつろいだり、寝たりするのが
好きなマメ。
他のにゃんこは、この箱に全く興味がないので、
マメ専用の箱になっている。


あー、10年かー。
早かったなあ。
最近、本気で、「ウチのにゃんこ3匹と、同じ墓に
入りたい」と思っている私。
そして、この子たちがいなくなったら、私、生きて
いける自信がない(笑)
理想は、3匹と同時に、私もあの世に行くこと。
あ、でも、やっぱりちゃんと看取ってあげたいので、
3匹が同時にいなくなって、それを看取ってから、
なるべく辛い想いを長くすることなく、翌日に、
私もあの世へ行く、とか、いいかな。


タラも、毎日、チョー元気。

Img_0584


ユバも、同じく。

Img_0030


どうか、どうか、マメもタラもユバも、元気で長生き
してくれますように。
その分、私の寿命が縮まっても構わないから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月11日 (月)

ラジオ・デビュー(笑)

先日、生まれて初めて、ラジオ(生中継)に
出た私とダンナ。


休みだったので、いつものように、卓球をしようと
体育館に行ったら、ラジオ局のお兄さん2人が
生中継してて。
その日は、雨だったせいか、卓球をやりに来てる人が
我々2人しかいなかったので、
「生中継に出てもらえませんかー?」みたいなことを
頼まれて。


話を聞くと、卓球に関して、簡単なインタビューをされて、
あとは、しりとり対決に参加してくれればいい、との
ことだったので、「いいですよー」って。
(だって、他に人がいなかったから、私達が来る前まで
館長さんが相手してて、我々が卓球室に入ったら、すごい
嬉しそうに歓迎されたし、我々が断っちゃったら、じゃあ
どうなっちゃうの?って感じでもあったし)。


で、しりとり対決に勝ったら、お米3kgが貰える、と。
この日は、「スポーツチャレンジデー特番」ということ
だったので、しりとりのお題は、「スポーツ」。
わ〜、私の苦手な分野だわー。


で、ラジオ局のお兄さん2人が、まず、「卓球」って。
次の「う」が、なかなか浮かばなくて、やっと私が
「馬跳び!!」と返して。


で、その後は、私、苦手分野なもんで、さっぱり浮かばず、
毎回、ダンナが返してくれて。
私が知らないような用語や、絶対に思いつかないような言葉
ばっかりで、正直、ダンナがいなかったら、私、間違いなく
負けてた(笑)


で、時間がきたので、引き分けってことに。
引き分けだけど、お米は貰えることになった。
わーい。


で、卓球に関して、簡単にインタビューされて、私達の
出番、終わり(笑)
あとは、お兄さん達が卓球してたり、我々が卓球(練習)
してるのを、生中継で「◯◯夫婦、上手いです!!」とか
流してくれてたり(上手くないんだけど、ラジオだから
映像は映らないもんね・笑)
◯◯夫婦、って、本名で出た私達(笑)


で、先日、そのお米(コシヒカリ♡)が送られてきた。
引き分けだったのに、ありがとうございます♡

Img_0597

Img_0600_3


(「しりとり対決に勝利されましたので」って書いてあるけど、
勝利はしてません、引き分けです・笑)


いきなりの生中継だったから、自分でそのラジオを聴くことが
出来なくて、本当に残念。
前もって分かっていれば、録音したのになあ。
あ、でも、私、録音した自分の声を聞くと、凹むんだわ。
あまりにもヘンな声だから。


今年から、休みの度に卓球やってる感じだけど、
なんやらかんやら、色んなことがあるなあ。
別の体育館でやってた時は、火災報知器が鳴って、
「火災が発生したので避難して下さい」って放送が
あったので、必死で避難した(マジで死ぬかと思った)のに、
報知器が鳴ったのは、子供のイタズラだった、とか。
寿命が縮まったわ。


そして、ここからは、本日の朝ドラについて。
観てない人や、どうでもいい人は、この先は飛ばしてちょ。


そっか、やっぱり、そうなったか。
サヤって、嫉妬深いとか、自己中とかもそうだけど、
基本的に、相手の気持ちとか、どうでもいいんだね。
自分さえ良ければ、律の気持ちすら、どうでもいい。


喧嘩の時、サヤが、律の大事な写真を破こうとして、
鈴愛が「やめて、律が悲しがるから」って止めた時も、
「悲しがるってなんだよ!!」とか言ってたし。
女友達、いないだろう、アンタ(←ついにアンタ呼ばわり)。


律は、サヤの言い分だけでなく、鈴愛からも、ちゃんと
自分がいなかった時の話を聞いて、そして、本当のことを
言っているのが、サヤではなく鈴愛の方だって、ちゃんと
分かって、それでも、サヤをとるんだね。


鈴愛のことを責めてたけど、先にルール破ったのも、
先に喧嘩ふっかけてきたのも、全部、サヤの方なのにね。
鈴愛、喧嘩ふっかけられても、言い返したりしないで、
帰りますとか言って、ずっとガマンしてたよね。
サヤが律の大事な写真破こうとしたから、それを止めようと
して、ああいうことになったのにね。


「サヤを傷つけたくない」って言うけど、サヤが先に
鈴愛を傷つけたんじゃん。
サヤが、最初から鈴愛を敵視して攻撃したりしなければ、
鈴愛は、ネイルのことでモヤモヤしつつも、普通にサヤとも
友達になろうとしたと思うけどな。


それでも、サヤを傷付けないために鈴愛と離れる、って
言うんなら、もう、おばちゃん、止めないわ。
(いや、止めたくても止められないけどさ・笑)
まあ、鈴愛も、今は辛いけど、あの2人から離れた方が、
この先、自分が傷付くこともなくなるから、ある意味、
いいのかな。


でもね、律くんよ。
これだけは、言っておこう。
サヤみたいな女はね、鈴愛と離れたところで、この先も、
間違いなく、同じようなことの繰り返しになるよ。
松居一代と同じ。
何かある度に(何もなくても)、嫉妬に狂い、相手の女を
攻撃したり、律を束縛したり。
エンドレス。


まあ、でも、これで、この先、サヤが出て来なくなるなら、
私も、イライラしなくて済むわ(笑)
あ、まさか、シレーっと出てくるんじゃないでしょうね?!
今度サヤが出てくるとしたら、嫉妬深さに嫌気がさした律が
サヤに別れを切り出すシーンとかにして欲しい(笑)


でもね、なんだかんだ言っても、おばちゃん、今日は、
ずっと涙を拭きながら観てたわ(笑)
最後の、鈴愛が律を思って書いた七夕の短冊を、律が
盗んで(?)いくところとか、その時の、律のナレーション
とか、もう、・・・・・・・・(思い出すだけで、また、涙)。
涙を拭くティッシュを取りに行きたいので、これにて終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月10日 (日)

ラスカル・カフェと、お花やさんのカフェ

先日、近所に住む義姉と二人で、吉祥寺へ。
ランチは、ラスカル・カフェで。
もう、ラスカル見ただけで、最終回を思い出して
ウルウル来てしまう・・・(泣)
義姉も、ラスカルは観ていたらしいが、最終回が
どんなだったか、全く覚えていないらしく。
義姉に、簡単に、あらすじを説明していたら、それだけで
ウルウル来てしまった。


食べ物が、チョー可愛い♡

Img_0588


ラテ。
絵柄が2種類あって、スキなのを選べる。
せっかくだから、義姉と違うのを選んでみた。


こっちが、私の。
Img_0586


こっちは、義姉の。
Img_0585


店内も、あちこちがラスカルだらけで、めっちゃ
可愛かった!
(が、写真、なし)。


ここのカフェ、2階がカフェで、1階がラスカルの
パン屋さんになっているので、帰りに、ラスカルの
パンも購入♡

Img_0591

Img_0592


↓シマシマのは、ラスカルのしっぽ♡

Img_0596


ラスカル形の食パンもあって、それがめっちゃ
可愛かったのだけれど、カフェで食べたやつが
その食パンを使ったやつだったので、購入はせず。


その後、吉祥寺に行くことが全くない義姉の希望で、
あちこちフラフラして、それから、義姉がずっと
行きたがっていたカフェで、お茶。
お花屋さんがやってるカフェなので、店内もお花で
いっぱいで、メニューにも、花を使った物があって。


私は、以前、食べたことがあるのだけれど、再び、
薔薇のゼリーと、薔薇の紅茶を。

Img_0590

Img_0589


そして、ぐでたまが好き&卓球バカになっている私に、
義姉が、ぐでたまと卓球のコラボTシャツを教えてくれて。
私より遅れてぐでたま好きになった義姉も、それの
シリーズの、「ぐでたま&バトミントン」のコラボTシャツを
買いたいというので(義姉は、元バトミントン部)、
一緒に、そのお店に行った・・・はいいが、吉祥寺店では
取り扱ってなかった!
ショック!
取り扱っている一番近い店舗が、高尾だっていうから、
その日は諦めて、私は後日、ネットで買ってしまった。
そのシリーズ、バスケとかもあって、すごく可愛いし、
私、元バスケ部(←足手まといな部員だったけど・笑)
なので、バスケのも欲しいんだなー。
ってか、ぐでたまは、やっぱり可愛いわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月 9日 (土)

朝ドラを観て怒り狂う48歳

出かけた時のこととか、ブログを更新しなきゃ、と
思っていたけど、それどころじゃなくなってきた!
朝ドラ、『半分、青い。』!!


サヤ(「清」って書くのだけれど、男みたいだし、
キヨシって読んじゃって、頭の中に「前川清」とか
「マツモトキヨシ」とか「氷川きよし」とか
浮かんじゃうので、「サヤ」って書きます)に対して、
ついに、私の堪忍袋が切れたのだ、今日!


だいたい、初登場(高校生の時の、弓道の美少女と
して出てきた時ね)の時から、サヤのことが
なんとなーくイヤだったワタシ。
「いつか律と再会して、くっ付きますよオーラ」が
出まくっていたし、何より、顔がキライ(ごめんよ)。
「弓道の美少女」って設定だけど、そもそも私、
美少女系とかキレイ系とか美人系が、好みのタイプじゃ
ないのだ(可愛い系の顔が好き♡)。
国民的美少女コンテストでグランプリをとるような感じの顔が
好きじゃないっていうか。
(あ、国民的美少女コンテストでグランプリをとったけど
私がすごく好きな顔の人が3人だけ、いる!
小田茜と、今村雅美と、河北麻友子!!
えっ、どうでもいいって?)。


だいたい、弓道の美少女より、ナオちゃんとかユーコの
方が、ずっと可愛いと思うんだけど。
(もちろん、鈴愛(永野芽郁ちゃん)も♡)。
ユーコは、出てきた頃は、イジワルで、ブスッとしてて
感じ悪かったけど、鈴愛と大喧嘩の後に仲良くなってからは、
性格もいいし、笑うようになって、可愛くなったし。


話を戻して。
律たちが大学生になって、弓道の美少女(サヤ)が
再び出てきた時、
「ほ〜ら、出たっ!」って思って。
でもって、律が、鈴愛たちと写った写真を部屋に貼って
あるのを見ただけで嫉妬してるし、やっぱり
私のキライなタイプの女だわー、って。
嫉妬深い女って、本当に苦手だし、キライ。


で、鈴愛たちと喫茶おもかげでバッタリ会った時の
上から目線も、まあ、感じ悪いかもしれないけど、
ギリギリ許してやったさ(←ワタシの方が上から目線・笑)。
ってか、「ううん、上手だったわよ」って言葉も、普通の
人が普通に言ったら、別に上から目線にはならないと思う。
ヤツ(←ついに、ヤツ呼ばわり・笑)が言うから、上から
目線ちっくになるんだよ。


ってか、あの時、律がいたから、あんな感じで済んだけど、
あれ、絶対、律がいなかったら、もっと露骨に感じ悪かったと
思うのよね。
ニッコリ笑って「ううん、上手だったわよ」とかじゃなくて、
鼻先でバカにしたようにフンって笑って、
「そうねー、確かにヘタだったかもー、プププ」とか。


で、その後、律が見てない時に、サヤが写真の鈴愛の顔に、
ツメでバッテン形に引っ掻いて傷を付けた時、私の怒りが
頂点に達した!
・・・と思ったが、さらに今日!!


律がいないところで、ついに、本性、丸出し!!
ほーらね、やっぱり、男がいる所といない所で、
態度とか、全然違う、イヤな女なのよ!


顔だって、見てごらんなさいよ!
律の前では、可愛く笑ったり、甘えたりしてるけど、
怒り狂った時の、あの顔!!
どこが美少女だ!
しかも、鈴愛に「消えろ!!」だのなんだの、暴言の嵐!


だいたいさ、律のことは、何でも知っておきたい、
過去のことでも、自分が知らないことがあるのが
イヤって、おかしいし、怖いわ。
そんなに律の過去のことも知りたいのなら、鈴愛と
自分も友達になって、昔の律の話とか、色々、普通に
訊いたらいいじゃん。


ってか、私がサヤなら、そうする。
鈴愛とは、自分も同い年なんだし、律の幼なじみなら、
自分も友達になって、仲良くなりたいと思うけどな。


それに、律とのケンカの原因も、あれ、マジでサヤの
ワガママだし、どこまで嫉妬深いんだ、って感じで。
あの写真が目に入ると、自分が嫉妬して不快になるから
外して、ってことでしょう?
よく、そんなことが言えるよなあ。
しかも、それで律とケンカになったら、その怒りの
矛先を、鈴愛に向けてるし。
「消えろ!」って、なんだよ。
おまえ(←ついに、おまえ呼ばわり・笑)が消えろよ。


しーかーもー!
予告を見たら、あれ、何?
律は、サヤをとって、鈴愛と縁を切るってこと?
律は、自分がいない時のサヤを見ていないから、
仕方ないのかなあ。
自分がいない時のサヤを見たら、私だったら、サヤとは
間違いなく別れるわ〜。
ってか、写真の鈴愛の顔にツメでバッテン付けられてるの、
律、気付いてないの?
これから気付くの?
それでも、サヤを選んで、鈴愛と縁を切るの?


ってか、日頃のサヤのねっとりした部分(女丸出しに
して甘えてるっていうか)も、私、苦手。
律は、ああいうの、好きみたいだけど。
サヤの嫉妬も、なんか、喜んでたしね。
律、頭はいいけど、女を見る目が、なかったね(←言いたい
放題・笑)。
鈴愛と取っ組み合いの喧嘩して、律が帰ってきて、鈴愛と
ユーコがいなくなったら、「律ぅ・・・」とか甘えた声
出して、抱きついて、可愛い女を演じてるし、あーーーーっ、
マジでキライだー、ああいう女!!!!!!!


顔もキレイで(←ワタシは認めないが・笑)、頭も良くて、
スポーツ(弓道)も出来て、今まで、欲しい物、何でも
手に入れてこれた人なんだろうな。
で、プライドも高くて。


ってか、好きな女のタイプなんて、男によって、ホントに
違うもんね。
私とか、普通の女から見て「こんな女、ごめんだ」って
思うような女が好きな男もいるんだし。
ワガママな女がスキ、とか。


昔、「彼氏と結婚したいから、妊娠したとウソを
ついて、彼氏に結婚させようとしたが、ウソが
バレて・・・」みたいな話を何かで見て、
私なんかは、「うわー、こんな女、私だったら
もうムリって、別れるなー」と思ったけど、
知り合いの男は、
「俺だったら、嬉しいけどなー。ウソをついてまで、
俺と結婚したいって思ってくれたわけだし」とか
言ってて、本気でたまげたことがあった。


あ、また話が逸れた。
あと、予告で気になったのが、ボクテが(多分、秋風先生に)
土下座して(たよな?)、謝ってたこと。
何、何、ボクテ、何をやらかしたの!?
場合によっちゃあ、おばちゃん、一緒に謝ってあげるわよ!


とにかく、早く続きが見たいのに、明日は日曜日だから、
朝ドラ、ないじゃない!
きぃーーーーーーーーっ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月 3日 (日)

『アシガール』DVD

去年、NHKでやっていた『アシガール』という
ドラマに、どっぷりハマっていた私。
元々は、愛する川栄りっちゃんが出るので
観始めたのだけれど、これがもう、面白くて、
しかも、泣けて。


脚の速い女子高生が、戦国時代にタイムスリップして、
お城の若君に一目ボレして、速い脚を活かして
足軽になって、若君を支える、っていう話。
「脚の速いガール」と「足軽」をかけてある
タイトルなのだ。


最終回が終わってから、抜け殻のように
なっていたのだけれど、先日、DVDが発売された!
もちろん、買った!!

Img_0578


女子高生は、黒島結菜。
若君さまは、健太郎。
私、このドラマで初めて健太郎を知ったのだけれど、
健太郎の演じる若君さまが、もう、ステキでステキで。
毎週、「若君さまぁ〜♡」と、心の中で叫んでたわ。
川栄りっちゃんは、お姫様。
もちろん、激カワ♡


でもって、このドラマ、脇役の一人一人が、本当に
いい味出してて、そこらへんも、たまんないのだ。


そして、さらに。
戦国時代の、戦のシーンのロケ地が、長野県の、
父親が住んでいる町なのだ。


話をDVDに戻して。
特典で、ポストカードと、ブロマイドが付いてた♡
若君さま〜〜〜〜♡
やっぱりステキだわ〜〜〜♡

Img_0577

Img_0579


そうそう。
『アシガール』の続編をやるらしい。
最終回を思い出して、頭の中で勝手に続編を
作っていた私は、めっちゃ嬉しい&楽しみなのだ。


平成時代の家族のこととか。
川栄りっちゃん(姫)と、若君の兄上との
新たな恋とか。
は〜、早くやって欲しいわー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月 2日 (土)

『恋は雨上がりのように』

今やっている、小松菜奈&大泉洋の映画、
『恋は雨上がりのように』。
この映画の監督、永井聡さんが、浪人時代&美大時代に
身近にいた人で。
詳しくは、こちら(過去ブログ)をどうぞ。


どうしても、今の永井さんを一目だけでも見たくて、
去年、永井さんが監督をやった『帝一の國』の時も、
そして、今回の『恋は雨上がりのように』も、舞台挨拶の
抽選に申し込んだのだけれど、クジ運のない私は、
どっちもハズレ、監督を見れず。


が、しかし!
そんな私に、神様が、手を差し伸べてくれた。
先日(5月26日)、川崎で、この映画の主題歌を歌っている
鈴木瑛美子が、ナマでその主題歌(「フロントメモリー」)を
歌うイベントがあって、それに、永井監督も来る、とのこと!
しかも、抽選とかじゃなく、無料で誰でも見れるイベント。
これはチャンスだわ、と、監督に手紙を書いて、川崎まで
行ってきた。


イベントが終わってから、監督の所に行って、手紙を渡して、
「予備校時代に一緒だった者です!」って言ったら、
にっこり笑って、「ホントにー?」って言ってくれて。
(私は当時、永井さんを知ってたけど、向こうは私のことは
覚えていない、というか、多分、当時も、知らなかった。
何年間も、すぐ近くにいたけど、一言も話したことが
なかったしね)。


あれもこれも話したいけど、そんな時間はないだろうから、
とりあえず、
「これ(手紙)、読んで下さい!」とだけ言って。
スタッフの人も、「そろそろ・・・」みたいに、永井さんを
連れて行こうとしてたし、これで終わりだ、と思ったら、
永井さんが、手を差し出してくれて、握手してくれた!
「ありがとうございます!」しか言えなかったけど、永井さんが
去った後、泣きそうになってしまった。
身体と手が、ちょっと震えてきた。


浪人時代&美大時代、爽やかな青年だった永井さんが、
雰囲気のある、ステキな監督になっている姿を
初めてナマで観ることが出来て、なんていうか、
ぐっと来るものがあって・・・。


手紙も受け取ってくれたし、握手までしてくれたし、これだけで
本当に嬉しかったのだけれど、その後、忙しい中、ご丁寧に、
メールを送ってくれた永井さん。
すんごい嬉しい(涙)
本当に色々、ありがとうございました、永井さん!!


そして、その数日後、『恋は雨上がりのように』を
観てきたのだけれど。
涙腺、崩壊。
帰り道も、帰宅後も、思い出すだけで、また涙が
出てきちゃってたくらい。
本当に、ステキな映画だった。
そして、タイヘンな浪人生活を頑張ってた永井さんが、
こんなステキな映画を作れる人になっていたことが、
本当に嬉しくなった。
あの頃の美大受験は、本当にタイヘンで、倍率も
ハンパなくすごかったし、浪人生活も本当に
しんどかったのだけれど、同じようにすぐ近くで
頑張ってた人が、その道で活躍しているっていうのは、
本当に嬉しいのだ。


この映画は、好きな俳優さんが出ているわけでもなく、
永井さんが監督でなければ、観ることがなかったであろう
作品なのだけれど、本当に、観て良かった。
これからも、永井さんの映画は、全部観ようと思う。


そして、大泉洋。
「水曜どうでしょう」での姿しか知らなくて、
初めて俳優さんとしての姿を観たのだけれど、
店長役、すんごい良かった。
正直、あんまり好きじゃなかったんだけど(ごめんよ)、
この映画で、見方が変わったわー。


小松菜奈も、正直、あんまり好きじゃなかったんだけど
(ごめんよ)、でも、この女子高生の役は、小松菜奈だから
良かったんだな、きっと。


ラストシーンの土手が、どうやらウチの近く(隣の駅)
らしいので、近いうちに、行ってみよう。
でも、ラストシーン思い出して、泣いちゃいそうだな(笑)
土手で一人で泣く中年女、ヤバいかもしれない(笑)


あ。
グッズ売り場で、クリアファイルと、パンフレットを
買った。

Img_0570

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月 1日 (金)

森高千里30周年ライブ・ファイナル

去年、森高千里の30周年ライブに行った時、
その日に聴けなかった『17歳』と、『抱いて』を、
いつか、ナマで、絶対に聴きたい!!
・・・と思ったのだけれど、きっと、聴けるとしても、
何年も先だろうと思っていた。


そ、し、た、ら!
今年になって、30周年のファイナルをやることになって、
3公演のうちの2公演が、全シングル(40曲以上)を
二日間に分けてやってくれるっぽくて!
それは、行くしかないでしょー!


でも、二日間で全シングルって、どうやって2つに分けるのか。
発売順にやって、真ん中あたりで分けるのか。
それとも、新しい方から順番に、過去に遡ってやるのか。
それとも、もう、シャッフルしちゃうのか。


で、私は、賭けに出た。
きっと、発売順にやるだろう。
そうなると、私が聴きたい曲は、全部、前半に来る。
じゃあ、2日目の公演はやめて、1日目に行くことにしよう。


でも、発売順にやってくれる保証は全くないので、当日、
始まるまで不安でいっぱいだった。


そして、当日、5月27日(日)、昭和女子大学人見記念講堂。
1曲目、デビュー曲を歌った!!
ってことは、私のカンは、当たってる!!
良かったーーーーーーーーー!!


ということで、聴きたかった『17歳』や『抱いて』、
それから、前回も聴けたけど、もう1度聴きたかった
『八月の恋』(←1番好き。)も、他の好きな曲も、
全部聴くことが出来て、もう、シアワセ過ぎた!!


今回は、あまり良い席じゃなくて、森高の顔が全く
見えなかったけれど、でも、キレイな脚は、バッチリ見えた♡
いやー、今回も、泣いたわー。


この日は、『風に吹かれて』まで歌ってくれて、
アンコールは、シングル以外の曲を1曲。
私が行かなかった、翌日の公演では、『ロックン・オムレツ』から。


そうそう。
去年のライブの時、隣にいたオッサンが、勘弁してくれ
レベルの人だったので、今回は、迷惑な人が隣に来なきゃ
いいけど、って思っていたのだけれど、またダメだった。
馬鹿ップルが、森高が歌っていようが、MCやっていようが、
イチャイチャしたり、会話したりしてて、マジ迷惑だった。
そういうのは、お茶の間でやってくれ。


しかも、女の方が、ジュディ・オングと襟巻きトカゲを
足して2で割ったような服を着てて、そいつが振付け
する度に、ジュディ・オングと襟巻きトカゲの部分が、
私に、バッサバッサ当たって、めっちゃウザイ!!


あ、物販で、タオルを買った♡

Img_0568


ホントは、コレの赤が欲しかったんだけど、売り切れ。
残念。


今年は、ライブは、これで終わりかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年5月29日 (火)

NO MORE映画泥棒カフェ

先日、期間限定の「NO MORE映画泥棒カフェ」に
行ってきた。
場所は、原宿(と渋谷の間くらい?)。


「NO MORE映画泥棒」っていうのは、映画をよく
観る人なら分かると思うけれど、映画館で、予告編とかが
流れる時に、
「映画を録画したりしちゃーダメよ、犯罪よ」みたいなのが
流れる、アレ。


で、食べたのは、黒ごまパフェ。

Img_0526


ホントは、映画泥棒のラテアートのカフェオレ(だったか?)を
飲みたかったのだけれど、可食シートが品切れとのことで、
飲めなかった(泣)


コースター。

Img_0534

Img_0536


そうそう。
今日も、映画館に行ったので、映画泥棒、流れてた。
何の映画を観たかは、また後日。


ってか、私、最近、予告編を観るだけで泣けてくるのだ。
どんどん緩くなっていく私の涙腺、どうにかして。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年5月28日 (月)

どーもくん

先日、『半分、青い。』展を観に、NHKに行った時。
グッズ売り場で、『半分、青い。』グッズを買いあさり、
そして、大好きな「どーもくん」のグッズも買ってしまった。
せっかくNHKに来たんだし、NHKなんて、めったに
来ないんだから、やっぱり買わなきゃ。


どーもくんメモ帳、数種類。
メモ魔な私は、メモ帳はいくつあっても、いいのだ。

Img_0545


タオル。

Img_0543


このタオル、この部分が、ツボ。

Img_0544


は〜、可愛いわ〜、どーもくん♡
そして、外にあった、巨大どーもくんもパチリimpact
写真だと分かりにくいけど、とにかく巨大なのだ。

Img_0533


どーもくん型の、キッチンスポンジとかあったら、
是非欲しいんだけど。
どっかに売ってたりする?しない?
絶対に可愛いと思うんだけどなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年5月22日 (火)

『半分、青い。』展

朝ドラ、『半分、青い。』に、すっかり
ハマってしまっている私。
永野芽郁ちゃんがヒロインなので観ているのだけれど、
芽郁ちゃん以外にも、トヨエツとか、中村雅俊とか、
井川遥とか、くらもちふさこのマンガとか、私の
大好きなモノや人が、いっぱい出てくるし♡
(私が大好きな『海の天辺』も、表紙だけ出てきたし、
なによりも、芽郁ちゃんの声で『海の天辺』って聞けたのが、
もう、鼻血もん。)


しかも、ヒロインが私より1つ下の、1971年生まれっていう
設定だから、あちこちに、昭和生まれにとって懐かしいモノが
いっぱい出てきて、それもまた、楽しくて、嬉しくて。


井川遥の、ピンクハウスのフリフリでブリブリな
格好も、毎回すごく楽しみだし♡
井川遥がアレ着ると、可愛いわ〜♡
私なんかが着たら、頭のおかしいおばちゃんみたいに
なっちゃうだろうに(笑)


今日の秋風先生(トヨエツ)、芽郁ちゃんから
「先生!来てくれて、ありがとう!」って言われて、
振り向かずに背中を向けたまま、手を高く上げて
指をピンっ!って鳴らしたの、チョーかっこ良かった♡


は〜、岐阜で、ロケ地めぐり、したいわ〜。
とりあえず、都内のロケ地、行ってみようかしら。
オフィス・ティンカーベルとか、杉並区にあるみたいだし!


というわけで、頭の中が『半分、青い。』でいっぱいに
なっちゃってるので、渋谷のNHKでやっている
『半分、青い。』展に、行ってきた。


登場人物のパネル、欲しい〜。

Img_0529

Img_0532

Img_0531

Img_0528


それから、これ!
鈴愛(芽郁ちゃん)の左耳が聞こえなくなった時に
弟くんがくれたやつが展示されてた!

Img_0527


これ、もう、ホントに懐かしくて。
私も子供の頃、持ってて、大好きだったのだ!


そして、五平餅のセットも。

Img_0530


『半分、青い。』のおかげで、岐阜で五平餅、
めっちゃ売れてるっていうけど、私も、久々に
食べたい〜って思ってたら。
なんと、グッズ売り場を出た所で、五平餅が
売られているではないか!!
(レンジでチンして食べるやつ)。

Img_0537


そりゃー、買っちゃうよねー。
『半分、青い。』のシールまで、しっかり貼ってあるし(笑)

Img_0538


グッズ売り場でも、当然、『半分、青い。』グッズを購入。
クッキーとかタオルとか、ミントタブレットとか。

Img_0539

Img_0540

Img_0541


ああ、どうして朝ドラって、15分ずつチマチマと
やるんだろう。
じれったいというか、1時間分くらいずつ、もっと
ババーンといっぺんにいっぱい見たい。


そして、律。
鈴愛と引っ付かないんだったら、いっそのこと、
ボクテと引っ付いて欲しい(笑)
どうせ、そのうち、弓道の美少女がまた出てきて、
再会して、って展開になるんだろうけど、あの子と
付き合うくらいなら、ボクテと引っ付いてくれた方が
私は嬉しい(笑)


書き出すときりがないので、これで終わりにしよう。
あ、そうそう。
グッズ売り場で、『半分、青い。』以外のモノも
買ったのだけれど、それについては、また後日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

«杉山清貴&オメガトライブ・35周年Live