« 続・地震その後 | トップページ | 米を貰わない決心 »

2011年3月16日 (水)

地震から5日

引き続き、自分のために記録しておきたくて
書いているので、今回もコメント欄を閉じておきます。danger


大地震から5日。
いまだに続いている余震。
余震とは別に、新しく起きた、大きな地震。
こういう時って、人間の、暖かい善意も、自分さけ良ければ
他人はどうでもいいという真っ黒な心も、両方が見える。


ウチの辺りは、計画停電の対象になっていないのだけれど、
近所を歩いていると、街全体が、薄暗い。
駅も、商店街も、明らかに、いつもより照明を落としてある。
「自分達は停電エリアじゃないけど、その分、節電、頑張るよ!」
という、多くの人の気持ちが感じられて、泣けてきそうになる。


被害が全くない地域でも、大勢の人が、胸を痛め、
「自分達に出来ることは何か」と、一生懸命に考えて、
募金したり、何かをしている。


その一方で、「自分さえ良けりゃ、他人はどうでもいい」
みたいな気持ちでいられる人間も、たくさん。
悲しいけれど。
買い占めとか。
自分のことしか考えず、何もしないでいるくせに暴言吐く人。


心の汚い人間って、大地震や津波と同じくらい、怖い。
自分に害がなくても、こういう人を見ると、悲しくなるし、
めちゃめちゃ腹が立つ。


亡くなった人や、今も大変な思いをしている人達の中に、
性格も良くて、キチンとまっすぐに生きている人、いっぱい
いると思う。
その人の代わりに、自己中な輩が被害にあえばいいのに、と、
悪いけれど、思ってしまう。
ごめんなさい、でも、これ、本心。


ウチの近所のケーキ屋で、今、壁の修理工事をしている。
5日前の震度5強の地震で、店の壁が崩れ落ち、通行人が
血まみれになって、救急車で運ばれたらしい。
こんな近くで、そんなことがあったなんて。
同じ揺れでも、同じ街にいても、ドコで何をしていたかで、
怪我もなく無事な人もいれば、大けがをした人、亡くなって
しまった人など、色々。


私だって、あの日、あの時間、その道を歩いていたら、
大怪我をしたり、死んだりしていたかもしれない。
改めて、怪我もなく生きていられることに、感謝。
そしてやっぱり、生かされてもらった分、苦しんでいる大勢の
人のために、少しでも、何かしなければ、と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 続・地震その後 | トップページ | 米を貰わない決心 »