« 浅見光彦ミステリーウォーク2013 | トップページ | 夏の完熟トマトフェア »

2013年5月24日 (金)

にゃんこ探し

23日の木曜日の夕方。
買い物に行く途中、小学生のお嬢ちゃんに
「この道で、毛糸の首輪をしている猫を
見かけませんでしたか?」と訊かれた。
見かけなかったけど、気になったので、詳しい話を
訊いてみると、お嬢ちゃんの飼ってるにゃんこが
逃げちゃったそう。


その時はそのままお嬢ちゃんと別れたけど、買い物
しながらずっと気になって仕方ない。
もしウチのにゃんこの誰かが脱走しちゃって
行方不明になったりしたら・・・とか想像したら
もう泣けそうになってきて、にゃんこ探しを
手伝うことを決意。


大急ぎで買い物を済ませ、買い物袋を持ったまま、
お嬢ちゃんを探す。
いた。
「猫ちゃん、見つかった?」と訊くと、まだ、とのこと。
じゃあ、一緒に探そう、と、私も探し始めたけれど、
全然見つからない。


そこらへんにいるおばちゃん達や、そこらへんのお店の
人などにも「見かけませんでしたか?」と訊いて回った
けれど、有力な情報が得られず。
「私がいけないんだ・・・」と凹むお嬢ちゃん。
「大丈夫だよ、そんなに遠くに行ってないはずだよ。
怖くて、どっかにもぐって隠れちゃってるんだよ」と
声をかけ、また探す。


数十分後、八百屋のおばちゃんから、「毛糸の猫ちゃん、
見た!」との目撃情報が!
八百屋の裏あたりに行ったらしいので、そこらへんを
必死で探す私達。
八百屋のおばちゃんや、その近所の住民のおじさん、
おばさん等、いつの間にかみんなが協力してくれ、
だいぶ前に声をかけたおばちゃん達も、「見つかった?」と
気にしてくれて、なんだかウルウルきそうになった私。


人の家の敷地内(の裏の方)に入って探す度に、
インターホンを鳴らして事情を説明し、敷地内に
入らせてもらい。
一緒になって探してくれる人がどんどん増えて、
ついに、裏の方で、猫ちゃんを発見!!


でも、お嬢ちゃん、その子を飼ってまだ3日目なので、
名前を呼んでも猫ちゃん、動かない。
挟みうちすることにして、お嬢ちゃんが猫ちゃんに
近づいて行くと、猫ちゃん、猛ダッシュで塀の上に
飛び乗り、私の方に向かって(塀の上を)走ってきた!
これは最大のチャンス!


左手に買い物袋、肩にカバンを持った状態で、とりあえず
空いている右手で、塀の上をダッシュ中の猫ちゃんを
捕獲しようとしたけれど、なんと、塀に激突し(私が)、
捕獲失敗!!
↓これ、その時の、名誉の負傷(笑)


130523_191529


痛みに耐えながら、走り去る猫ちゃんの行き先を
しっかりチェック。
「お嬢ちゃん、ごめんね、捕まえられなくて」と
謝ると、「大丈夫ですか?」と私の傷を心配してくれる
優しいお嬢ちゃん。
礼儀正しいし、良く出来た子だわ。
お嬢ちゃんのために頑張るわ。


その後、猫ちゃんが潜り込んだと思われる辺りを
探していると、お嬢ちゃん、再び発見!!
しかし、またもや走り去る猫ちゃん。
二人で捕獲を試みるも、覆い茂った草が邪魔して、
そうこうしているうちに、どこに行ったか
見失ってしまった(涙)


私がお嬢ちゃんと一緒に必死で探しているから、
八百屋のおばちゃん達、私がお嬢ちゃんの母親だと
ずっと思っていたらしく(笑)
私がただの通りすがりだと言うと、びっくりしてた。


「ウチも猫3匹飼っていて、猫大好きだから
人ごとじゃなくて、放っておけなくて」と言ったら、
私のことを「先生」と呼ぶようになった八百屋の
おばちゃん(笑)
他のおばちゃんが「猫ちゃん、家に帰った可能性は
ないかしら」と言えば、八百屋のおばちゃん、私に
「先生、どう?」とか訊いてくる(笑)
そして、探し始めてから既に1時間半くらい
経っていたので、八百屋のおばちゃん、
「先生はこれからどうする?」とか訊いてきた。


あと30分だけ探して、そしたら暗くなる頃だから、
もし見つからなければ、明日、貼り紙をしよう、と、
お嬢ちゃんに言って、再び探し始め。


そもそも、3日前にお嬢ちゃんがその猫ちゃんを
拾う前は、別の所で飼われていたらしい。
で、その猫ちゃんが仔猫を産んだため、飼い主が
「飼いきれない」と、なんと、仔猫2匹と共に、
親猫であるその猫まで捨てたとか。
信じられない!許せない!
無責任に、避妊せずに複数飼いだか外飼いだかして、
仔猫が生まれたら「飼えない」って親猫ごと捨てるって!
その飼い主、もう二度と動物を飼わないで欲しい。


話が逸れたけど、あと30分(計2時間)探しても見つからず、
そろそろ暗くなり始めた。
私、翌日(本日、24日の金曜日)も、猫探しと、
貼り紙貼りを手伝うことに決めた。


その理由。
☆お嬢ちゃん、飼い始めてまだ3日だけど、既に情が湧いて
 何がなんでも猫ちゃんを探す、という意思が固かった。
☆お嬢ちゃん、とても良い子。
☆お嬢ちゃんの母親が看護士さんで、今日は夜勤なので
 帰りが遅いらしく。
 父親は単身赴任なので家にいなくて、お嬢ちゃん、
 「お母さんに看護士辞めて欲しいんだ」と、とても
 淋しそうに言っていた。
☆前の飼い主からふざけた理由で捨てられて、せっかく
 こんなにステキなお嬢ちゃんに拾われたのだから、
 猫ちゃんにもシアワセになって欲しい。
☆ウチのにゃんこが行方不明になったら、と想像するだけで
 泣けてくる。
☆早く見つけてあげないと、猫ちゃん、餌や水とか心配。
☆お嬢ちゃん、猫ちゃんの脱走を自分のせいだ、と
 自分を責め続けていた。
☆脱走したのが、お嬢ちゃん家の近くではないため、
 猫ちゃんが自力で家に戻れる可能性が低そう。
・・・等々。


で、明日(日付が変わったから今日か)、お嬢ちゃんの
学校が終わってから、待ち合わせをして、一緒に
貼り紙を貼りながら、もう1度探すことに。


どうか、見つかりますように!!
私も頑張る!


難しいのは、飼い始めてまだ3日しか経っていないため、
飼い主であるお嬢ちゃんが捕獲しようとしても
猫ちゃんが逃げてしまうこと。
そういえば、少し前に、ウチの近所でやはり猫脱走事件が
あったのだけれど、その家の人も、「飼い主が捕獲
しようとしても逃げちゃう」って言ってたっけ。
網とか持って行った方がいいのかな。うーん。


ではでは、頑張ります!!dashdashdash

・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 浅見光彦ミステリーウォーク2013 | トップページ | 夏の完熟トマトフェア »