« 琵琶湖ひとり旅(にゃんこ編) | トップページ | 琵琶湖ひとり旅(食べ物編) »

2016年7月12日 (火)

琵琶湖ひとり旅(友達と近江牛編)

先日の、琵琶湖ひとり旅。
ひとり旅だったけど、3時間半だけ、琵琶湖の近くに
住んでいる、高校時代の友達と会ってきた。
会うの、約10年ぶり!!
(高校は福岡だったけどね。結婚して、ダンナさんの
 仕事関係で、琵琶湖の近くに住んでいるのだ)。


近江八幡まで出てきてくれて、一緒にランチ(&お茶)。
せっかく近江八幡だから、って、近江牛の美味しいお店に
連れて行ってくれた♡


近江牛ステーキ。
んまー♡

Img_4444


手みやげに、お菓子も貰ってしまった。
旅の邪魔にならないように、かさばらない
軽いモノを選んでくれたんだよね、絶対。
ありがとー♡

Img_4672


彼女とは、高校の3年間、めっちゃ濃い付き合いを
していたのだ。
同じクラスだったのは、最初の1年間だけだったのだけど、
同じ美術部で、しかも、美大を目指して、一緒にデッサンを
習いに行っていて。


放課後、美術部の部室で合流。
ちょこっと美術部で描いた後、バスと汽車で
デッサンを習いにアトリエに。


このアトリエが、まあ、ホントに厳しいところで、
365日、休みがないのだ!!
学校がある日は、放課後、通い。
学校がない日でも、アトリエは休みじゃないから、
日曜日も、祝日も、夏休みも、冬休みも、春休みも、
大晦日も、正月も、本当に毎日、アトリエ通い。
だから、彼女とは、高校の3年間、学校がない日でも、
ほとんど毎日、会っていて。
しかも、学校がない日は、朝から夜まで、アトリエで一緒。
学校がない日のアトリエ通いも、家が近所だったから
(徒歩3分くらいの距離だった)、行きも帰りも一緒。


アトリエ通いは、もう、それはそれはキツくて。
休みナシっていうことよりも、365日、毎日
石膏像をデッサンしていると、マジで苦しいのだ。
頑張っても頑張っても上手くならない時期とかも
あったし(しかも、それが長かった)、それでも
美大受験までには、ちゃんと描けるようにならなきゃ
ダメだし。
マジでノイローゼになりそうだった(笑)
でも、2人だったから頑張れたんだな、きっと。
一人で通ってたら、心が折れちゃってたかも。


・・・なんて感じの話もしつつ、近江牛を食べて。
そうそう、高校時代、彼女はピーマンが大嫌いで、
彼女のお弁当に入っているピーマンは、いつも私が
もらって食べていたんだけど。
今は、美味しいと思って食べられるようになったらしく。
大人になったね(しみじみ)。


彼女曰く、高校の売店で飲み物を買う時、私はいつも
「ブルガリア飲むヨーグルト」を飲んでいたそうで。
「あゆちゃん、よく飲んでたよね。ってか、それしか
飲まなかったよね」って。
よく覚えてるなー。
でも、言われてみて、私も思い出した。
確かに、それしか飲まなかった(笑)


彼女とは、高校の3年間、あれだけみっちり一緒に
いたのに、彼女に対してムカついたりイラついたり、
イヤだなーと思ったりしたことが、一度もなかった。
ホントに、いい子。
今でも、そこらへん、変わってなくて。


近江八幡で彼女と会った3時間半、ホントに嬉しくて
楽しくて、あっという間だった。
ありがとーーーーーーーー!!
遠くに住んでるから、なかなか会えないけど、また
何年後かにでも、会えますように。
ってか、ダンナさん、東京方面に転勤になる可能性も
あるらしいから、是非、そうなって欲しい。


というわけで、琵琶湖ひとり旅、これでおしまい
・・・ではなくて。
近江牛以外に食べたモノとか、お土産に買ったモノとか、
それについては、また後日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 琵琶湖ひとり旅(にゃんこ編) | トップページ | 琵琶湖ひとり旅(食べ物編) »