« カピバラさんメニュー | トップページ | 紅葉見ナイト »

2016年11月28日 (月)

『あずみ 〜戦国編〜』

去年、愛する川栄りっちゃん目当てで観に行った、
舞台『AZUMI 〜幕末編〜』が、とーーーーっても
素晴らしかったので、今回の
『あずみ 〜戦国編〜』(再び、川栄りっちゃん主演)も
観に行ってきた。
しかも、初日と千秋楽、2回も!!
(11日が初日、そして、昨日が千秋楽だった)。


2回行くと、いいのよね。
初日は、初日ならではの緊張感みたいなモノがあったり、
千秋楽は演じてる人達も「最後だから」って
はっちゃけてたり(笑)
でもって、約2週間の間に、舞台って、どんどん進化
していくし。

Fullsizerender


いや〜〜〜〜、今回のも、良かった!!
1回目、号泣。
2回目は、席もイマイチな場所だったし、2回目で
ストーリーや展開もわかってるから、まさか
泣くことはなかろうと思っていたら、またもや号泣。
でも、2回目は、隣のおねーさんも泣いてたから、
心強かったわ(笑)


今回は、ほっしゃんとか、有森也実とか、知っている
人も結構出ていたのだけれど、私が楽しみにしていたのが、
松本伊代&ヒロミの息子の、小園くん。
ものすっごい昔、伊代ちゃん&ヒロミが子連れで買い物を
している所に遭遇したことがあって、その時に、まだ
小さかった小園くんを見たので、今回、
「ああ、あんな小さかった子が、こんなに大きくなって!」
・・・って、親戚のおばちゃんのような気持ちで観劇(笑)


小園くん、「芝居がヘタクソ」だの「こんな演技で、金
返せ」だの言われてたけど、私の心にはビンビン
響いてくる演技だった。
ぼんくら息子の演じ方、面白かったし、何より、小園くんが
自害するシーン、2回とも号泣しちゃったし。


そもそも、私、舞台を観に行って、「金、返せ」って
思ったこと、1度もない。
演技がヘタな人がいようと、誰かのセリフが噛み噛みだろうと、
誰かがミスったりトチったり、セリフを間違えようと、
そういうのも混みで、舞台ならではの、ナマの面白さだと
思っているから。
むしろ、何かしら起きてくれた方が、
「あ、ラッキー♪」って思う(笑)


あ、そうそう。
去年のAZUMIにも出ていた、早乙女友貴(SPEEDの島袋ちゃんと
婚約だか結婚だかした人。早乙女太一の弟。)が、観ていて
「すっごーい!」と思ってしまうのだ。
1歳くらいから舞台に立っているからか、殺陣も動きも演技も、
若いのにホントにすごくて。
なんか、チョー動きにくそうなバサバサの衣装なのに、それでも
美しく艶やかに殺陣をこなしていて、見る度に
「さおとめっち(と私は呼んでいる)、すっげー!!」って思う。 


あ、そうだ。
有森也実に、言いたいことが。
もう30年以上も前に、「中卒東大一直線 もう高校はいらない」
というドラマで、坂上忍の彼女役を演じていた有森也実(まだ
無名だった)に、激しく嫉妬して、「なんなの、この女!」とか
言っていた私を、お許し下さい(笑)
私もまだ中学生でお子さまだったし、その頃は坂上忍が好きすぎて。


ということで、舞台の話に戻って。
川栄りっちゃんもホントに可愛くて、演技力も殺陣も
すごいし、ホントにホントにステキな舞台だった。


「あずみ」、もっといっぱいあるといいのに。
「平成編」とか「昭和編」とか。
原作者さん、是非、書いて下さい(笑)


そして、全く関係ないが、ずーーーーーーっと
調子が悪かった、ウチの洗濯乾燥機。
修理してもらわなきゃダメかなあ、と思っていたけど、
なんと、自力で治したっす!
100円のハリガネ1本で!!
私、すごーーーーーーーい(自画自賛)。
(そして、ドヤ顔)。
めっちゃ気分いいーーーーーーーー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« カピバラさんメニュー | トップページ | 紅葉見ナイト »