« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

『そして誰もいなくなった』

25日(土)、26日(日)の二夜連続で放送された、
『そして誰もいなくなった』。
亡くなった渡瀬恒彦さんの遺作となった作品。

Fullsizerender


アガサ・クリスティが大好きなので、この作品の
原作は、もう、何回読んだかわからないくらい
読んだ私。
観る前から、本当に楽しみで仕方なかったのだけれど、
なんかもう、色んな意味で、観るのが苦しくて。


(以下、ネタバレになるので、録画してあって
これから観るよ、という方は、読まないでちょ)。


原作通り、渡瀬さん演じる元判事が犯人だったのだけれど。
「末期ガンで、余命わずか」という設定が、亡くなる少し
前の渡瀬さんと同じなので、観ていて、本当に辛くて。
セリフを言うのもしんどそうで辛そうで苦しそうなのは、
演技なのか、それとも、渡瀬さん自身が、ホントにそうだったのか。


世間でも言われているようだけれど、元判事の
「ありがとう、そして、さよなら」というセリフが、
渡瀬さん自身の言葉みたいに聞こえてしまったり。


最後の、渡瀬さんの告白シーンも、途中で痛み止めを
飲んだり、呼吸器を付けてたりだったけど、あれ、
本当に、そうせざるを得ない状況だったんじゃないか、
とか思ってしまったり。


渡瀬さん、クランクアップの時に、共演者に
「どうしても、この役をやってみたかったから、
やっちゃった。迷惑かけて、ごめんね」みたいなことを
言ったらしいのだけれど。
病気のことで、周りの人達に迷惑かけた、と思って
いたんだろうけど、でも、きっと、誰も、迷惑だなんて
思っていなかったと思う。
渡瀬さんと最後に共演できて、嬉しかったと思う。


それに、渡瀬さんの、身体的に相当ムリしてでも、この
役を演じたかったっていう気持ちも、すっごくわかる。
私が役者だったら、そして、余命いくばくもない状態だったら
なおのこと、どうしても、この役、やりたいって思う。


それに、刑事役とか、「正義」の立場の人間をいっぱい
演じてきた人が、最後に、「人を殺してみたくなった人間」の役。
最後の、告白シーンでの、あの目。
十津川警部でも、タクシードライバー夜明さんでもなく、
もう、完全に、異常者の目。
目であんなに演技できるなんて。
改めて、本当にすごい、いい役者さんだったと思う。
もっともっと、生き続けて欲しかった。
本当に残念。


私が渡瀬さんを知ったのは、小学生の頃に観た映画、
『セーラー服と機関銃』。
(薬師丸ひろ子が好きだったから)。
目高組の佐久間さんを、渡瀬さんが演じていて、
それはもう、本当にかっこ良くてステキだった。
大人になってからも、渡瀬さんのタクシードライバーシリーズや
十津川シリーズ、いっぱい観たし、もっともっと観ていたい
役者さんだった。
最後にムリして『そして誰もいなくなった』に出てくれて、
本当にありがとう、渡瀬さん。
録画、永久保存しよう。
本当にしんどかったと思うので、ゆっくり休んで下さい。
心より、ご冥福をお祈りいたします。


それにしても、最後に殺された仲間由紀恵、あんなに
悪いヤツだったのね!
原作では確か、罪が軽い人から先に殺されていくんだったよね?
仲間由紀恵が最後なの、納得できるわ!
(そして、あの、仲間由紀恵の恋人の、売れない絵描きも
 チョーいやだ!!)


でもって、こんなこと書くと、私まで異常者と思われそうだけど、
犯人の元判事が死ぬ前にやったこと、すごく共感できてしまうのだ。
私は、「動物や人を殺してみたい」という気持ちは一切ないけれど、
でも、動物や人を、身勝手な理由で殺したり傷つけたりする人間が
本当に許せなくて、もし私が、元判事のように、頭が良くて
余命わずかで、島を丸ごと買ってしまうような財力があったら、
最後に、そういう犯罪者(反省すらしていなかったり、加害者のくせに
被害者ヅラしてたりするような)を殺してやりたいって、
思っちゃうと思う。


あ、それから、トリックに使われた、昆布!!
あれは、ドキドキだね!
島のネズミさん達は、無農薬の美味しいお野菜とか、
いくらでも食べてるわけだから、もし昆布を食べて
くれなかったら、オジャンだったもんね!
ネズミさん、ありがとう。
(元判事の味方になってしまっているワタシ)。


ただね、仲間由紀恵とか、あの辺りは、殺されても
しょうがないねーって思うけど、向井理とか、ギバちゃん
とか、そこら辺の人達は、殺さなくても、もうちょっと
軽いお仕置きとかでも、良かった気がする。


でもって、原作があまりにも有名すぎるので、もしかしたら、
犯人を変えてあったりするかな、と思いながら観始めたのだ
けれど、「七尾審」のことを「あきらじゃなくて、しんじゃ
ないの?」って言い出したり、
「いいべんごって、ヘンな名前だよねー」みたいに言って、
向井理に「名無しの権兵衛」って気付かせた辺りで、
ああ、やっぱり、渡瀬さんが犯人なんだろうね、って。
二人目の犠牲者の薬をすり替えたタイミングも、
「ああ、なるほどね」って。
でも、犯人をわかっていても楽しめる作品だった。
ホントに面白かった。


久々に、また、原作を読みたくなったので、読もうと
思ったら、私、処分しちゃってた。
また買おうかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月24日 (金)

堀ちえみ・35周年コンサート

20日(月)、堀ちえみのデビュー35周年コンサートに
行ってきた。
場所は、品川ステラボール。

Fullsizerender

Img_6396


80年代当時、特に堀ちえみのファンというわけでは
なかったのだけれど(ごめんなさい)、いい曲が
いっぱいあって、大好きな曲も何曲もあったので、
大人になってからも、ず〜っと聴き続けてきた私。
なので、どうしても、生で聴いてみたかったのだ。


特に好きなのが、『稲妻パラダイス』。
日本で一番『稲妻パラダイス』を愛しているのは私で、
日本で一番『稲妻パラダイス』を多く聴いてきたのも私。
・・・と、本気で思っているほど。


なので、今回のコンサートで、どうしても歌って
欲しかったのが、この
『稲妻パラダイス』と、それから、これまた大好きな、
デビュー曲の『潮風の少女』と、
さらに、『夏色のダイアリー』の3曲。


でもって、出来れば歌って欲しかったのが、
『真夏の少女』、
『とまどいの週末』、
『さよならの物語」、
『青い夏のエピローグ』、
『夕暮れ気分』、
『東京Sugar Town』、
『クレイジーラブ』、
『青春の忘れ物』。


嬉しいことに、全部、歌ってくれた!!
しかも!!
私が一番聴きたかった『稲妻パラダイス』は、
出来れば、なるべく後の方で歌って欲しいな、と
思っていたのだけれど、歌わないまま終わったので、
「『稲妻パラダイス』を歌わないはずはないから、
もしや、アンコールで歌ってくれるのか?」と
思っていたら、やはり、アンコールの1曲目が
『稲妻パラダイス』!!
もう、それだけで涙出ちゃったわ!!
本当にシアワセで、元気出た!!


他にも、『白いハンカチーフ』とか、『リ・ボ・ン』とか、
懐かしい曲がいっぱい♡
それから、私が知っている、シングル以外の唯一の曲、
『CHIEMI SQUALL』も歌ってくれた!!


そして、今回も、親衛隊のコールとかに、いっぱい
元気をもらってしまった私。


もう、コンサートだけでも、シアワセ過ぎたのに、
終了後に、握手会まであったのだ!
一人一人が握手出来る時間がホントに短いので、
堀ちえみに伝えたい言葉を、たった一言二言に
まとめるのが大変だったけれど、その言葉を
伝えたら、堀ちえみが、
「本当?良かった!」みたいなことを言ってくれて、
なんかもう、最後の最後までシアワセすぎた一日だった。


そうそう。
コンサートのことを、堀ちえみがブログに書いていて、
写真も載せているのだけれど、その写真に、私も
写ってた!
すんごい小さい上に、後ろ姿なので、知り合いが見ても、
それが私だってわからないような写真なのだけれど、
行った私だけが「これ、私!!」ってわかる所が、また
シアワセ気分(笑)


堀ちえみのコンサートのブログは、こちら


ちえみちゃん、嬉しくて、楽しくて、
シアワセ過ぎる時間を、本当にありがとーーーー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月18日 (土)

Y.147

去年くらいから、めっちゃハマって集めている
アクセサリーブランド、「Y.147」。
私の大好きな「雫」がモチーフになっているのだ♡

Img_5611


数日前に、この↑リングをしていたら、義姉が
「かわいいーーーーーーーー!!」って言ってくれた。
そうなのだ。かわいいのだ。
リング以外にも、色々あって、全てが雫。


Img_5607

Img_5608

Img_5610

Img_5612


基本、透明な雫なのだけれど、カラーバージョンもあって、
そっちも可愛いので、その日の気分や、その日の服に
合わせられるように、色んな色のを集めている。

Img_5613


はあ、ホントに可愛い。
そして、この、「Y.147」というブランド名。
作っている方が、「ゆき」さんという名前なので、Y。
そして、その、ゆきさんの身長が147㎝なので、147。
いいブランド名だなーと思う。


私もチビだけど、ゆきさんは147センチなので、もっと
小さくて、お会いする度に、「かわいいー♡」と
思ってしまう。
(小さくて可愛いだけじゃなくて、顔も可愛くて、
しかも、とっても感じの良い方なので。)


さらに集める気マンマンなので、Y.147専用の
アクセ収納ケース(バカでかい)を買ってしまった。
そして、時々、眺めては、ニヤニヤしている
とても不気味な私(笑)
いいよね、そろそろ春だし(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月14日 (火)

ラベンダージャム

Img_6381


少し前に、どこかのSAで買った、
ラベンダーのジャム。
ちゃんと花が入っていて、すごくキレイ!


私は、ジャムは、パンに付けたりしないので
(パンは、基本的に、何も付けずに食べる派)、
ジャムを貰ったり買ったりした時は、紅茶に入れる。


ビンのフタを開けたら、ラベンダーの香りが
ふわ〜っと漂ってきて、お嬢様とかお姫様に
なった気分(笑)


キンモクセイのジャムや、桃の花のジャム、
バラのジャムとかも買ったことがあるけど、
お花のジャムって、良いわ〜。
はー、ラベンダー畑に行きたくなってきた!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月12日 (日)

欅坂46シングル

Img_6380


最近ハマっていて、毎日のように聴いている、
「欅坂46」。
とりあえず、今出ているシングル、
『サイレントマジョリティー』、
『世界には愛しかない』、
『二人セゾン』は、全部ゲット。


欅坂のメンバーが好きとかじゃなく、曲が
めっちゃいいのだ!!
メンバーはほとんど知らなくて、名前がわかるのは、
センターの平手ちゃんと、長濱ねるちゃんと、
現役美大生の子くらい。
(しかも、顔がわかるのは、この中で、平手ちゃんだけ)。


自分が美大出身だから、現役美大生のアイドルって、
すごくすごく気になるのだ。
乃木坂46にも、ムサビの子がいたから気になってたけど、
結局、ムサビも乃木坂もやめちゃったから残念。


欅坂の美大生は、どこの美大なのか知らないけど、美大は
課題もいっぱい出るし、大変だよね。
でも、頑張って卒業して欲しいな。
余計なお世話だよね。


さて、また『二人セゾン』でも聴きながら、家事の続きを
やりましょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月11日 (土)

海苔御膳

Img_6342


少し前に、日本橋で食べた、期間限定の、
海苔御膳みたいなの。
全ての料理(デザートにまで!)に、海苔が
使われている。
海苔、大好きなので、とっても嬉しい♪

さらに、テイクアウトで、海苔のパウンドケーキと、
海苔のチーズケーキも♡
すごく美味しかった♡


Img_6361

Img_6362


それにしても、毎日、時間が足りない。
どうして、一日は、24時間なの?
一日が50時間くらいだったら、もっともっと、
色んなことがいっぱい出来るのに。


そして、毎日、しかも一日中、眠くてたまらない。
花粉の薬のせいでもあるのだけれど、マジで辛い。
そんな私に、薬局の薬剤師さんが、眠くならなくて
私に合いそうな花粉の薬を勧めてくれたので、買ってみた。
まだ飲んでいないけど、効いてくれれば、助かるなあ。
以前にも、眠くならない花粉の薬(違うやつ)を
勧められて試してみたけど、効かなかったのだ。


あー、今も眠い。
もう寝たい。
(今の時刻、午後6時すぎ。
こんな時間に寝るなよ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月10日 (金)

青木美歌さんガラス個展

Fullsizerender


ガラス作品が大好きな私。
でも、ガラスものなら何でもいいってわけじゃなく。
私のツボにハマる、「これは!っていうモノには、
そう簡単には出会えない。


そんな私が、本当に、「これは!」と思える
ガラス作家さんを見つけてしまった。
TVを観ていて、たまたま知った、「青木美歌さん」。
TVに映った作品の数々を観て、「ああ、これは!」状態。
しかも、私と同じ、ムサビ出身らしい。
作品、ナマで観たい!!
・・・と思ったら、ちょうど、銀座で個展をやっていたので、
大喜びで観に行った(2月に)。


もう、ホントに、私のツボ。
ステキ。本当に、ステキ。

Img_6346

Img_6349

Img_6350

Img_6351

Img_6352

Img_6353

Img_6354

Img_6355


普通、こういうのって、写真撮っちゃダメなんだけど、
写真オッケーなのが、とっても有り難い。
ホントにステキで、観に行って良かった。


私も、美大受験の時、グラフィック系が第一志望だったけど、
「ガラスもいいな」って思って、そっちも1つだけ
受けたんだった。
ガラス、やっぱ、いいな。
でもって、青木美歌さんの作品に、いっぱい
刺激されて、私の創作意欲に、軽く火が着いた。
私も、また、個展、やろう。うん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »