« 『ミックス。』 | トップページ | 『先生!』 »

2017年11月 2日 (木)

『全女 AGAIN AGAIN』(チョー長文)

中3〜高校生の頃、女子プロにハマっていた私。
長与千種と、ジャガー横田が好きだったのだけれど、
女子プロに全く興味がなかった私が、突如、女子プロに
ハマったきっかけになったのは、ジャガー横田だった。


中3の、とある土曜日。
学校から帰ってきて、昼食を食べながら、何気なく
TVをつけたら、たまたま女子プロがやっていて。
「なんだ、女子プロか」と思って、チャンネルを変えようと
した瞬間、ジャガー横田が目に飛び込んできた。
女子プロに興味がなかった私は、ジャガー横田すら
知らなかったのだけれど、一目見た瞬間、
「うわ、なに、この、かっこいい女の人!」と釘付けに。
で、その日から、女子プロに目覚めてしまったのだった。


あの頃、ナマで女子プロ観戦するのが夢だった。
ナマで、長与千種やジャガー横田を見るのが夢だった。
でも、叶わぬまま、大人になって。
そして、あれからン十年たった今。
つい先日、長与千種の試合は観ることが出来たのだけれど、
その数日後の、10月27日(金)、今度は、ジャガー横田の
試合をナマで観る、という夢が叶ってしまった♡♡♡


新宿で、『全女 AGAIN AGAIN』というイベントがあって、
あの頃の「全女(全日本女子プロレス)」出身のOG達が
集まって、試合をやったり、トークやコスプレショーを
したり、歌を歌ったり、・・・という、私にとって
夢のような数時間だった。


最初の挨拶。
ジャガー横田と、ダンナちゃん。
ジャガー横田が奥さんだなんて、羨ましいぞ、ダンナちゃん!
(この時点で、コーフンし過ぎて、過呼吸になりそうだった私。)

Img_8585


ダンプちゃん。

Img_8608


堀田祐美子選手。
(顔が全く写ってない・涙)

Img_8715


実は私、高校生の頃、あまりにも女子プロや
長与千種やジャガー横田がスキすぎて、自分も
女子プロレスラーになろうと本気で考えていた時期が。
でも、「チビすぎて、身長制限に引っかかった」、
「基本的に、運動オンチである」、「痛みに弱すぎる」、
「チョー憶病者なので、極悪同盟の人が凶器とか
見せてきたら、全力で逃げてしまいそう」などの理由から、
女子プロへの道は、諦めたのだった。
で、その代わり、という訳でもないけど、その頃に
新人レスラーで、長与千種に可愛がられていた
堀田祐美子選手のことを、羨ましい〜って目で見ていたのだ。
ああ、懐かしい。


話を元に戻して。
試合は、ジャガーさん達の勝ち♡
(おケツに文字が書いてあるのがジャガーさん)

Img_8762


トークコーナーのブル中野。
当時はマジで怖かった(そして憎かった・笑)けど、
こんなにキレイで可愛くなって、ニコニコしてるし(笑)
ってか、顔、全く写ってないし(泣)

Img_8813


そして、トークコーナーの、左から、
ジャンボ掘、大森ゆかり、ライオネス飛鳥。
ってか、顔、全く写ってないし!
いい加減にして欲しいわ、このポンコツカメラ!

Img_8841


歌のコーナー、ミミ萩原。

Img_8901


同じく歌のコーナー、ライオネス飛鳥。
長与千種はいなかったけど、クラッシュギャルズの
曲を歌ってくれた!!(涙)
まさか、ナマで聴ける日が来るとは(号泣)

Img_8926


歌のコーナー、マキ上田。
♪ビューティビューティ〜ビューティぺ〜ア〜♪
・・・を歌ってくれた!!
まさか、ナマで聴ける日が来るとは(号泣)
っつか、めちゃくちゃかっこいいんですけど!!!!!

Img_8990


そして、全員集合。
(他にも、こんなに大勢の、全女OGがいたのだ!)

Img_9036

Img_9067


この日は、めっちゃ後ろの方の席だったのと、
照明の関係と、スマホのカメラで撮ったのとで、
せっかく写真オッケーなのに、まともな写真が一枚も
撮れず(泣)


記念に買った、このイベント限定のステッカー。

Img_9074


この日、コーフンし過ぎて、帰宅してから、
鼻血が出てしまった(笑)


先日の新木場では、長与千種の試合も観れたし、
今回のイベントでは、ジャガー横田の試合が
観れたし、これでもう、思い残すことはない・・・
はずなのだけれど、実は、年内、もう1回だけ、
女子プロ観戦する予定。
しかも!
次回は!
大阪まで行ってしまうワタシ!!
そして、次回は、初めての最前列!!
ああ、場外乱闘に巻き込まれて、ケガして、
入院したい♡♡♡


大人になった今の夢、
「場外乱闘に巻き込まれてケガをして入院する」
という夢が、叶いますように(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 『ミックス。』 | トップページ | 『先生!』 »