芸能・アイドル

2017年7月24日 (月)

『脱毛サロンへ行ったが、脱毛はしていない 』後日談

7月8日(土)に書いた、
『脱毛サロンへ行ったが、脱毛はしていない 』の
後日談。


あの数日後、またまた山手線に乗っていると、
川栄りっちゃんの、あの時とは違うバージョンの、
脱毛サロンの広告を発見!!!!!!!!!
前回の写真のりっちゃんも激カワだったのだけれど、
今回の写真のりっちゃんも、私のツボ!!!!!!!


いやん、この写真、スマホで撮りたい!!
でも、車内には、人がいっぱいいるし、こんなの
撮ってたら、
「なんだ、こいつ?」とか、
「この脱毛サロンに行きたくて撮ってるのか?」とか、
「川栄ファンなのか?」とか、
色んな人から色んな風に思われそうで、なかなか
勇気が出ない。


・・・と、ここまでは、前回の私と同じ。
でも、前回は、
「その脱毛サロンへ行って、りっちゃんのチラシとか
ないか、見てみる」
という選択肢があった。
でも、今回は、その選択肢は、既になくなっているので、
勇気を振り絞って、撮影したワタシ!!


ずっと座っていたのに、おもむろに立ち上がって、
スタスタと川栄りっちゃんの広告の前まで歩いて行き、
大勢の人々が見ている中で、スマホを取り出し、
可愛いりっちゃんの写真を撮り、再び、元の座席へ
戻・・・ろうとしたら、誰かに座られちゃってたので、
別の席に座り、何もなかったかのような顔で
座り続けた。
が、チョー恥ずかしかった。
周りの人々から、ものすっごく、見られてたんだろうな。
なんなんだろうって思われてたんだろうな。


でも、頑張って撮ったりっちゃんの写真が、とても
可愛いので、そんな羞恥心は、どっかにすっ飛んで行った。


ジャジャン!見て!
こんなに可愛いの!

Img_7778


ああ、勇気を出して撮って良かったわ!!
それからしばらくして、また山手線に乗った時には、
もうこの広告はなかったし。
(どんだけ山手線に乗ってるんだ)。


AKBを卒業しちゃってからは、川栄グッズが買えなくなって、
それがちょっと淋しくもあったのだけれど、でも、それも
もういいわ!
ああ、この写真、一番デカいサイズにプリントして、
部屋に貼っておこうかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年7月18日 (火)

スピッツ30周年記念カフェ

Fullsizerender


先日、渋谷で期間限定でやっている
スピッツの30周年記念カフェに行った。
(前半と後半とでメニューが違うので、2回も
 行ってしまった)。


メニュー名に、スピッツの曲のタイトルや
歌詞の一部が入っていたり。


まず、ラテ。
2種類あるのが嬉しい。

Img_77401

Img_7782


それから、「君は太陽オムライス」。

Img_77411


そして、「ハチミツ風パンケーキ」。

Img_77841


店内でも、並んでいる所でも、ずっと
スピッツの曲が流れているので、すごく
嬉しいのだけれど、曲によっちゃ〜、涙が
出てきてしまうので、困った。
2回とも並んだけれど、それでも行って良かった。


そして。
スピッツ30周年記念のライブ。
行きますわよ!(ダンナと)。
間違いなく号泣するだろうから、バスタオルでも
持って行きたいわ。
ああ、楽しみすぎて、どうしよう。
まだ1ヶ月くらい先なのにね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年7月 8日 (土)

脱毛サロンへ行ったが、脱毛はしていない

先日、電車に乗っていたら、車内に貼ってある
広告の写真のお姉さんが、めっちゃ可愛くて
ワタシ好み・・・♡
で、よくよく見てみたら、なんと、愛する
川栄りっちゃんではないか!!
なんの広告だ?と思って見てみたら、脱毛サロン。
あー、りっちゃん、こんなにキレイになって、
脱毛サロンの広告とかにも出てるんだ・・・。


で、その写真が本当に可愛いので、スマホで
撮っておきたくなった。
でも、車内は、人がいっぱいいて、こんなの
撮ってたら
「なんだ、こいつ」とか、
「この脱毛サロンに行きたくて撮ってるのか?」とか、
「川栄李奈ファンか?」とか、
色んな人から色んな風に思われそうで、撮る勇気がなく。


でも、どうしても、あの写真、欲しい。
小さいチラシとかでもいいから・・・。
・・・で、ひらめいた!flair
その脱毛サロンに行けば、ポスターが貼ってあったり
チラシが置いてあったりするんじゃない?


で、どこに店舗があるのかスマホで調べてみたら、
ちょうど、これから行こうとしている所のすぐ
近くにあるみたいだったので、行くことに。


脱毛サロンは、ビルの上の方の階だったので、
エレベーターに乗り込んだ。
脱毛サロンのある階に着いて、エレベーターが
開くと、いきなり目の前が脱毛サロンの受付で、
お店のキレイなお姉さん達がいっせいに
歓迎ムードで私を見た。
なんか、こういうとこ、来たことないし、雰囲気が
もう、私なんかは場違いみたいな感じで、急に
怖じ気づいてしまったワタシ。


降りる階を間違えたフリをして、一刻も早く
ここから立ち去りたいと思いながら、エレベーターが
来るのを待っていたら、お姉さんの一人が近づいて来て、
「ありがとうございました」とか「お気をつけて」とか
(もう、正確な言葉すら覚えていないが)、
声をかけてくれた。


そのお姉さんが、とっても優しそうだったので、一気に
「あ、川栄りっちゃんのチラシ!!」と、ここへ来た目的を
思い出し、
「あの〜、すいません。川栄李奈ちゃんの載っている
チラシとか、何か、ありますか?」と訊いてみた。
そしたら、お姉さん、
「ありますよ〜、少々お待ち下さい♪」って言って、
りっちゃんが載っているチラシ(パンフ?)を
2つ、持ってきてくれた。
ありがとー、お姉さん!!


コレが、そのチラシ(パンフ?)
↓↓↓
Img_7742


そうそう、これ、これ!!
この、左側の、赤い服のりっちゃんの写真が、
電車の中に貼ってあった広告の写真なのだ!
あー、やっぱ可愛いわ〜〜〜。
もらいに行って良かったわ〜。


脱毛サロンね、毛深いので、やってもらったら
ラクなんだろうけどね、お金も時間もかかるし、
あの雰囲気が、ちょっと、ワタシなんかは
場違いな感じがしちゃって、ダメかも。
これからも、せっせと、自分でやっていくわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年5月27日 (土)

『ピーチガール』(※追記あり)

Fullsizerender


映画『ピーチガール』を観に行った。
目的は、もちろん、永野芽郁ちゃん!heart
そして、ナマの永野芽郁ちゃんを見るために、
舞台挨拶付きの回に。


今回の舞台挨拶は、初日舞台挨拶ではなく、
「大ヒット記念 女子会舞台挨拶」ということで、
登壇者は、女性のみ。
(主演の山本美月ちゃんと、永野芽郁ちゃん)。


なんと、途中から、撮影オッケーに!
くっそー、後ろの方の、しかも2階席だから、
スマホじゃ豆粒みたいにしか写らない!
せっかくの可愛いお顔が、これじゃあ、わかんない(泣)

Img_7288

Img_7343

Img_7336

Img_7335

Img_7333

Img_7331


途中から、客席に降りてきて、通路を歩いて
写真撮らせてくれたんだけど、私は2階席だから、
全く見えない!(涙)
1階のお客さん達、羨ましいーーーーー!


最前列のお客さん達なんて、ハイタッチして
もらってたよ!
最前列、羨ましいーーーーーーーーー!


この2人、ホントに仲が良くて、ずっと
手を繋いでた。
山本美月、羨ましいーーーーーーーーー!

Img_7309_2

Img_7310

Img_7312

Img_7316

Img_7317


舞台挨拶の最初に、二人がお客さんに向かって、
桃の形のマシュマロを投げてくれたのだ!!
でも、2階席の私の所には飛んで来ず・・・(涙)
最後に、出口で、スタッフさんが全員に同じモノを
配ってくれた。
(↓コレ)。

Img_7348


出来れば、永野芽郁ちゃんが投げてくれたのが
欲しかったけど、それだったら、もったいなくて
食べられないもんね。
これでいいや。
いや、やっぱり、それでも、永野芽郁ちゃんの
エキスが付いたやつが欲しかった。


さて、映画の方。
つらつらと感想を書くので、まだ観ていなくて
これから観る、という方は、この先はすっ飛ばして
下さいまし。
(ネタバレになっちゃうようなことも書いちゃうと
思うので)。


今回は、永野芽郁ちゃんが、小悪魔女子の役だったので、
ものすっごいイジワルな笑み(口角を片側だけ上げて
ニヤッと笑う感じの)を何度もしていたのだけれど、
それがまた、チョー可愛いのだ!!heart04
そして、永野芽郁ちゃんが、白目をひん剥いて、怒り狂う
シーン!!!!!!!!!!
普通だったら、バケモノみたいになっちゃうような顔の
はずなのに、何故あんなに可愛いのだ!heart04
白目ひん剥き顔が可愛いすぎて、倒れそうになったわ!heart


そして、私がもう一人悶えたのが、菊池桃子!!
ももちゃん(山本美月)の母親役が桃ちゃんって!!
セリフの中で「もも」と自分の娘を呼ぶ桃ちゃん、
可愛いかったわ〜。


そして、今回、めちゃくちゃ泣いたのだけれど、
一番泣けてしまったのが、伊野尾くんの受賞作品の
スイーツを見て、元仮屋ユイカよりも自分が
愛されてることに気付いて、ももが めっちゃ
泣くシーン!!
ももも、めっちゃ泣いてたけど、私もめっちゃ
泣いたわさ!
マジで涙が止まらなくなったわさ!


それから、何故、伊野尾くんがパティシエを
目指しているのかがわかったシーン。
(おとっつあんと兄ちゃんが食べたスイーツが
伊野尾くんの作ったやつだったっていう辺り)。
ああいうの、弱いのよね(泣)


ってか、伊野尾くんも、真剣佑も、めっちゃ
いい人だったんじゃん!!
私、伊野尾くんのことは、最初の頃、心の中で、
「チャラオ」って呼んで、「なんなんだ、この
チャラチャラした男は!annoy」って思っていたし、
真剣佑がももちゃんをフッたシーンでは、
「なんだ、この男は!annoyこんな男より、
チャラオの方がいいぞ!」って思ってたけど、
フタを開けてみたら、どっちもそれぞれ、とっても
ステキな、いいヤツだった。
そして、悪魔だった永野芽郁ちゃんも、最後の最後、
ちょっとだけ改心して、いい人になったっぽいし。


そうそう、どうでもいいことなんだけど、
「真剣佑(まっけんゆう)」の名前が、どうしても、
きちんと覚えられないワタシ。
私の頭の中では、「まっけんゆう」じゃなくて、
「まっけんろう」になっちゃってるのだ。
なんなんだろうね、「蜃気楼」とか、「ホイコウロウ」
とか、色んな言葉が混ざって、ごっちゃになっちゃったのか?


ということで、『ピーチガール』は、笑って泣いて、
とっても面白くてステキな、いい映画だった。
もう1回、観たいなあ。


※追記※
わかった!
「まっけんゆう」のことを「まっけんろう」って
言っちゃう理由が!
テニスの「マッケンロー」と、ごっちゃになってたんだ、
きっと!!!!!!!!
あー、なんか、スッキリした(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年5月12日 (金)

『帝一の國』

昨日、映画『帝一の國』を観に行った。

Fullsizerender


観たかった理由は、2つ。
その1、永野芽郁ちゃんが出ているから。heart
その2、この映画の監督さんが、昔、とある所で
    一緒だった人だから。


原作を全く読んだことがないので、内容を知らずに
観たのだけど、めっちゃ面白い!!
永野芽郁ちゃんも、チョー可愛いし!
可愛い顔して怪力女とか、ステキだわ!heart


あまりにも面白いので、泣いて笑って、あっという間に
終わってしまった。
エンドロールで、芽郁ちゃんが一人で踊っているのが
可愛いすぎて、鼻血吹きそうになったわ。


この映画、どうしても、舞台挨拶が観たかったワタシ。
理由は、芽郁ちゃんをまたナマで観たかったのと、
監督さんの姿を、ン十年ぶりにナマで観たかったから。
でも、応募した舞台挨拶、全部ハズレちゃった(涙)。
今回だけは、どーーーーーーしても観たかったのにな。


監督の永井聡さんは、実は、私が美大を目指して1浪
していた時の予備校で一緒だったのだ。
永井さんも、私とタメで、同じく1浪してて、同じ
デザイン科を目指す科にいたので、1年間、
同じ空間にいた。


で、私も永井さんも、1浪でムサビに入り、
永井さんは映像学科、私は違う科だったのだけれど、
何かの授業で一緒だった記憶がある。
なので、浪人時代とムサビ時代を合わせると、
5年間、すぐ近くにいた。


・・・と言っても、友達ではなかったし、もしかしたら、
一言も話したことがなかったかもしれない。
私はすごく覚えているけど、向こうは私のことを
覚えていないと思う(というか、当時も知らなかった
可能性もあり)。


たまたま私が、芽郁ちゃん目当てで観ようと思った
映画の監督をしていて、しかも、去年だったか、私が
観ようと思っていたけど観そびれてしまった映画
『世界から猫が消えたなら』の監督も、実は
永井さんがやっていたことを今になって知り、
なんていうか、ぐっと来るものがあって。


本当は、舞台挨拶で、すっかり立派になった
姿を観て、刺激を受けたかったのだけれど。
やっぱり、浪人時代とか、美大時代とか、すぐ身近で、
同じように大変な思いをして頑張っていた人が、その道で
立派に活躍している姿を見るのは、嬉しい。
映画のエンドロールの一番最後に、「監督 永井聡」って
文字が出てきた時は、ぐっと来るものがあった。


映画のパンフに載っている名前を観ても、ジーンと
来てしまう。

Img_7061


そして。
私と永井さんが浪人していた時の、美大受験用の
予備校のパンフに、合格した予備校生が実技試験の時に
実際に描いた作品の再現を載せてるやつがあって、
私の合格作品も、永井さんの合格作品も載っていて。

Img_7068


↑永井さんが合格した「映像学科」の実技試験の
再現作品。
人のもんを勝手に載せるのもアレなんで、わざと
ぼかして撮ったけど。


実は、このとき、私も、この「映像学科」を
受けたのだ。
映像学科は、私達が1浪で受けた時に初めて出来た
新しい科で、現役で受けた時には、なかった科。
受けるつもりは全くなかったけど、予備校の先生から
「受けろ」と言われたので、私も受けて、補欠に
引っかかったけど、回ってこなくて、でも、自分が
行きたかった科の方に行けたので、良かったのだけど。


で、この映像学科、新しい科だったから、実技に
どんな問題が出されるか、まるでわからなくて、
受けてみたら、絵コンテを描かされる問題で。
本当に映像に興味があって映像学科を受ける人なら、
絵コンテくらいわかるのかもしれないけれど、
先生に言われてしぶしぶ受けたワタシは、絵コンテとか
言われても、ピンと来なくて。
絵コンテという言葉と、どんなものかは、なんとなく
わかるけど、描けって言われると、いったいどうやって
描いたらいいのかわからなくて、
「うーん、こんな感じ〜?4コママンガみたいに
描けばいい〜?」とか思いながら、適当に描いたのだった。


あとになって、さっき載せた永井さんの再現作品を観て、
「ああ、こんな風に描くのね。さすがだわ」と思った
記憶がある。


まあ、そんなこんなで、いつか、永井さんが監督を
やった映画の舞台挨拶に行って、ン十年ぶりに、
永井さんをナマで観て、刺激を受けたいなあ、と、
その日が来るのを楽しみにしている私なのだけれど、
それまでに、少しでもクジ運を上げておかないとね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年4月27日 (木)

『PARKS』

Fullsizerender


先日、永野芽郁ちゃんが出ている映画、
『PARKS』を観に行った。
吉祥寺の街や、井の頭公園が舞台になっているストーリー。
(井の頭公園が100周年で、その記念に作られた映画)。


んもーーーーーーーー、永野芽郁ちゃんがホントに可愛くて!
どんな表情をしても、可愛い。
そして、どうしても永野芽郁ちゃんをナマで見たくなったので、
舞台挨拶付きのチケットを買ったのだ♪


私は、通路側の一番端の席だったのだけれど、なんと、
私のすぐ斜め後ろにある扉から出演者さん達が入ってきた!
永野芽郁ちゃんが、私のすぐ横(通路)を通った!!
ヤバい!近い!可愛すぎる!!鼻血が出そう!!
手を伸ばせば、触れちゃう距離!!
でも、触らないよ、大人だから!


私も大コーフンだったけど、客席のあちこちから、
「めいちゃーん!」って声が。
しかも、男性より女性ファン(しかも、若い子)が多い感じ。
ああ、めいちゃん、すっかり知名度も上がって、人気者に
なったなあ。
嬉しいんだけど、ちょっとだけ淋しくもあり。
私だけの芽郁ちゃんだったのに(←いや、違うぞ。)


舞台挨拶は、あっという間に終わって、再び、芽郁ちゃん達が
私のすぐ横を通って帰っていく!
ああ、間近で見るめいちゃんは、マジでかわいい。
ああ、触りたい。
でも、触らないよ、大人だから!
でも、芽郁ちゃんが通ったあとの空気の匂いを
くんくん嗅いじゃったけどね(←ヘンタイ)。


その後、上映。
子供の頃から何度も行っている井の頭公園や吉祥寺の
街が舞台なので、
「あ、ここ、あの辺りだ」って、だいたい、わかる。
そして、
「あ〜、なんか、すごくステキな世界観だな」って思ったら、
涙が出てしまった。


歌の歌詞に、あの3人の名前(芽郁ちゃん達の役名)が
さりげなく入っているのもステキ。


そして、芽郁ちゃんと橋本愛ちゃんがケンカするシーンで、
「ちょっと!芽郁ちゃんに、なんてこと言うのよ!」と
心の中で本気で怒ってしまう、大人げないワタシ(笑)
ケンカして泣いちゃった芽郁ちゃんに向かって、
「泣いてんの?」とか言った橋本愛に向かって、再び
心の中で「あんたが泣かせたんだろうが!」と怒ってしまった
本当に大人げないワタシ(笑)


観終わってから今日までの数日間、いまだに、あの曲が
頭の中でぐるぐる廻っている。
もう1回、観たいなあ。
映画ももちろん、もう1回、観たい。
そして、ナマの永野芽郁ちゃんも、もう1回、観たい。


でも、次の永野芽郁ちゃんの映画の舞台挨拶、いっぱい
応募したのに、抽選にハズレてしまったのだ。
本当にクジ運のない私。
ハズレてしまって凹んでいるので、これにて失礼。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年4月 5日 (水)

『ひるなかの流星』

数日前、映画『ひるなかの流星』を観に行った。
目的は、もちろん、永野芽郁ちゃん♡
いや〜、マジでかわいかった!
大きいスクリーンに、永野芽郁ちゃんがドアップで
映し出された時なんか、鼻血が出るかと思ったわ!
そして、いい歳して、キュンキュンしまくり。


前売り券の特典の、クリアファイル。

Fullsizerender1

Fullsizerender


グッズも買った。
チケットホルダー(だっけ?)と、コミック本型のメモ帳。

Img_6428

Img_6429


原作を読んだことがないので、結末を知らなかったのだけど。
私が勝手に望んでいた結末とは、全く違う展開になってた。
くぅーーーーーーーーーーーーーーっ!!


春休みだったからか、劇場、満員状態。
いつもは、ガラガラの中で泣けるんだけど、満員で
隣にも人がいるから、泣くのを必死でガマンしていた。
でもムリだった。
天井を向いて泣いている私を、隣の男(知らない人)が
「なんだ、こいつ、泣いてんのか?」みたいな感じで
見てきた。


ってか、あの男、上映中もスナック菓子の袋の音とかを
ガサガサさせてたり、ひじてつ喰らわせてきたり、
足を思いっきり広げて座ってたり、マジで迷惑だった。


この男以外にも、男数人のグループが、上映中に私を
イラつかせた。
まるで、みんなでお茶の間で観ているかのように、
数人で会話してる。
小声でヒソヒソじゃなく、フツーに会話。
その度に心の中で、
「ここはお茶の間かよ!」と突っ込んでいた私。
しかも、上映中、みんなしてトイレに行き、
(トイレに行くこと自体はいいのだ)
戻ってきたと思ったら、みんなしてドカドカと
音を立てながら歩いてきて。
上映中なんだから、普通、音を立てないように
そろそろ〜っと歩かないか?


・・・ってな感じで、迷惑な客はいっぱいいたけど、
でもやっぱり、永野芽郁ちゃんは、べらぼうに可愛くて。
今月から、立て続けに何本も、永野芽郁ちゃんが出る
映画があるので、嬉しくて仕方ない私。
でも、最近、チョー売れっ子になってきて、毎日のように
何かに出ている感じなので、それが嬉しくもあり、
淋しくもあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月31日 (金)

『そして誰もいなくなった』

25日(土)、26日(日)の二夜連続で放送された、
『そして誰もいなくなった』。
亡くなった渡瀬恒彦さんの遺作となった作品。

Fullsizerender


アガサ・クリスティが大好きなので、この作品の
原作は、もう、何回読んだかわからないくらい
読んだ私。
観る前から、本当に楽しみで仕方なかったのだけれど、
なんかもう、色んな意味で、観るのが苦しくて。


(以下、ネタバレになるので、録画してあって
これから観るよ、という方は、読まないでちょ)。


原作通り、渡瀬さん演じる元判事が犯人だったのだけれど。
「末期ガンで、余命わずか」という設定が、亡くなる少し
前の渡瀬さんと同じなので、観ていて、本当に辛くて。
セリフを言うのもしんどそうで辛そうで苦しそうなのは、
演技なのか、それとも、渡瀬さん自身が、ホントにそうだったのか。


世間でも言われているようだけれど、元判事の
「ありがとう、そして、さよなら」というセリフが、
渡瀬さん自身の言葉みたいに聞こえてしまったり。


最後の、渡瀬さんの告白シーンも、途中で痛み止めを
飲んだり、呼吸器を付けてたりだったけど、あれ、
本当に、そうせざるを得ない状況だったんじゃないか、
とか思ってしまったり。


渡瀬さん、クランクアップの時に、共演者に
「どうしても、この役をやってみたかったから、
やっちゃった。迷惑かけて、ごめんね」みたいなことを
言ったらしいのだけれど。
病気のことで、周りの人達に迷惑かけた、と思って
いたんだろうけど、でも、きっと、誰も、迷惑だなんて
思っていなかったと思う。
渡瀬さんと最後に共演できて、嬉しかったと思う。


それに、渡瀬さんの、身体的に相当ムリしてでも、この
役を演じたかったっていう気持ちも、すっごくわかる。
私が役者だったら、そして、余命いくばくもない状態だったら
なおのこと、どうしても、この役、やりたいって思う。


それに、刑事役とか、「正義」の立場の人間をいっぱい
演じてきた人が、最後に、「人を殺してみたくなった人間」の役。
最後の、告白シーンでの、あの目。
十津川警部でも、タクシードライバー夜明さんでもなく、
もう、完全に、異常者の目。
目であんなに演技できるなんて。
改めて、本当にすごい、いい役者さんだったと思う。
もっともっと、生き続けて欲しかった。
本当に残念。


私が渡瀬さんを知ったのは、小学生の頃に観た映画、
『セーラー服と機関銃』。
(薬師丸ひろ子が好きだったから)。
目高組の佐久間さんを、渡瀬さんが演じていて、
それはもう、本当にかっこ良くてステキだった。
大人になってからも、渡瀬さんのタクシードライバーシリーズや
十津川シリーズ、いっぱい観たし、もっともっと観ていたい
役者さんだった。
最後にムリして『そして誰もいなくなった』に出てくれて、
本当にありがとう、渡瀬さん。
録画、永久保存しよう。
本当にしんどかったと思うので、ゆっくり休んで下さい。
心より、ご冥福をお祈りいたします。


それにしても、最後に殺された仲間由紀恵、あんなに
悪いヤツだったのね!
原作では確か、罪が軽い人から先に殺されていくんだったよね?
仲間由紀恵が最後なの、納得できるわ!
(そして、あの、仲間由紀恵の恋人の、売れない絵描きも
 チョーいやだ!!)


でもって、こんなこと書くと、私まで異常者と思われそうだけど、
犯人の元判事が死ぬ前にやったこと、すごく共感できてしまうのだ。
私は、「動物や人を殺してみたい」という気持ちは一切ないけれど、
でも、動物や人を、身勝手な理由で殺したり傷つけたりする人間が
本当に許せなくて、もし私が、元判事のように、頭が良くて
余命わずかで、島を丸ごと買ってしまうような財力があったら、
最後に、そういう犯罪者(反省すらしていなかったり、加害者のくせに
被害者ヅラしてたりするような)を殺してやりたいって、
思っちゃうと思う。


あ、それから、トリックに使われた、昆布!!
あれは、ドキドキだね!
島のネズミさん達は、無農薬の美味しいお野菜とか、
いくらでも食べてるわけだから、もし昆布を食べて
くれなかったら、オジャンだったもんね!
ネズミさん、ありがとう。
(元判事の味方になってしまっているワタシ)。


ただね、仲間由紀恵とか、あの辺りは、殺されても
しょうがないねーって思うけど、向井理とか、ギバちゃん
とか、そこら辺の人達は、殺さなくても、もうちょっと
軽いお仕置きとかでも、良かった気がする。


でもって、原作があまりにも有名すぎるので、もしかしたら、
犯人を変えてあったりするかな、と思いながら観始めたのだ
けれど、「七尾審」のことを「あきらじゃなくて、しんじゃ
ないの?」って言い出したり、
「いいべんごって、ヘンな名前だよねー」みたいに言って、
向井理に「名無しの権兵衛」って気付かせた辺りで、
ああ、やっぱり、渡瀬さんが犯人なんだろうね、って。
二人目の犠牲者の薬をすり替えたタイミングも、
「ああ、なるほどね」って。
でも、犯人をわかっていても楽しめる作品だった。
ホントに面白かった。


久々に、また、原作を読みたくなったので、読もうと
思ったら、私、処分しちゃってた。
また買おうかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月24日 (金)

堀ちえみ・35周年コンサート

20日(月)、堀ちえみのデビュー35周年コンサートに
行ってきた。
場所は、品川ステラボール。

Fullsizerender

Img_6396


80年代当時、特に堀ちえみのファンというわけでは
なかったのだけれど(ごめんなさい)、いい曲が
いっぱいあって、大好きな曲も何曲もあったので、
大人になってからも、ず〜っと聴き続けてきた私。
なので、どうしても、生で聴いてみたかったのだ。


特に好きなのが、『稲妻パラダイス』。
日本で一番『稲妻パラダイス』を愛しているのは私で、
日本で一番『稲妻パラダイス』を多く聴いてきたのも私。
・・・と、本気で思っているほど。


なので、今回のコンサートで、どうしても歌って
欲しかったのが、この
『稲妻パラダイス』と、それから、これまた大好きな、
デビュー曲の『潮風の少女』と、
さらに、『夏色のダイアリー』の3曲。


でもって、出来れば歌って欲しかったのが、
『真夏の少女』、
『とまどいの週末』、
『さよならの物語」、
『青い夏のエピローグ』、
『夕暮れ気分』、
『東京Sugar Town』、
『クレイジーラブ』、
『青春の忘れ物』。


嬉しいことに、全部、歌ってくれた!!
しかも!!
私が一番聴きたかった『稲妻パラダイス』は、
出来れば、なるべく後の方で歌って欲しいな、と
思っていたのだけれど、歌わないまま終わったので、
「『稲妻パラダイス』を歌わないはずはないから、
もしや、アンコールで歌ってくれるのか?」と
思っていたら、やはり、アンコールの1曲目が
『稲妻パラダイス』!!
もう、それだけで涙出ちゃったわ!!
本当にシアワセで、元気出た!!


他にも、『白いハンカチーフ』とか、『リ・ボ・ン』とか、
懐かしい曲がいっぱい♡
それから、私が知っている、シングル以外の唯一の曲、
『CHIEMI SQUALL』も歌ってくれた!!


そして、今回も、親衛隊のコールとかに、いっぱい
元気をもらってしまった私。


もう、コンサートだけでも、シアワセ過ぎたのに、
終了後に、握手会まであったのだ!
一人一人が握手出来る時間がホントに短いので、
堀ちえみに伝えたい言葉を、たった一言二言に
まとめるのが大変だったけれど、その言葉を
伝えたら、堀ちえみが、
「本当?良かった!」みたいなことを言ってくれて、
なんかもう、最後の最後までシアワセすぎた一日だった。


そうそう。
コンサートのことを、堀ちえみがブログに書いていて、
写真も載せているのだけれど、その写真に、私も
写ってた!
すんごい小さい上に、後ろ姿なので、知り合いが見ても、
それが私だってわからないような写真なのだけれど、
行った私だけが「これ、私!!」ってわかる所が、また
シアワセ気分(笑)


堀ちえみのコンサートのブログは、こちら


ちえみちゃん、嬉しくて、楽しくて、
シアワセ過ぎる時間を、本当にありがとーーーー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月12日 (日)

欅坂46シングル

Img_6380


最近ハマっていて、毎日のように聴いている、
「欅坂46」。
とりあえず、今出ているシングル、
『サイレントマジョリティー』、
『世界には愛しかない』、
『二人セゾン』は、全部ゲット。


欅坂のメンバーが好きとかじゃなく、曲が
めっちゃいいのだ!!
メンバーはほとんど知らなくて、名前がわかるのは、
センターの平手ちゃんと、長濱ねるちゃんと、
現役美大生の子くらい。
(しかも、顔がわかるのは、この中で、平手ちゃんだけ)。


自分が美大出身だから、現役美大生のアイドルって、
すごくすごく気になるのだ。
乃木坂46にも、ムサビの子がいたから気になってたけど、
結局、ムサビも乃木坂もやめちゃったから残念。


欅坂の美大生は、どこの美大なのか知らないけど、美大は
課題もいっぱい出るし、大変だよね。
でも、頑張って卒業して欲しいな。
余計なお世話だよね。


さて、また『二人セゾン』でも聴きながら、家事の続きを
やりましょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

より以前の記事一覧