日常

2017年5月 7日 (日)

最近撮った、どうでもいい写真

ダンナの撮影に付き合うときは、いつも
長時間、待たされる。
待っている間、ヒマなので、私もなんとなーく、
そこらへんにある気になったものをスマホで
撮ったりするので、気がつくと、スマホの中が、
どうでもいい写真だらけになる。


そんな感じでたまっていた、スマホ内の、
どうでもいい写真。


雨上がりの水たまり。
Img_5956

車の窓に映っていた、夕焼け空。
Img_6805


とある建物の、窓と、その影。
Img_6007


溶けかけの雪のアップ。
Img_6146

Img_6545

Img_5998

Img_6006

Img_5114

Img_5100


ホントに、どうでもいい写真だらけ。
自分で撮っておいて、「なんでこんなの撮ったんだろ?」
・・・って思う写真もあったり。


どうでもいいと言えば、昨日、ものすっごく久々に、TVで
徳川埋蔵金やってたので、観た。
私、あのシリーズが大好きで、糸井さんが出てた昔から
ずっと観てきたのだけど。
くーーーーーーーーーっ!!
なに、あの、最後に出てきた、ステキな、思わせぶりな横穴!!
あの横穴を掘ったら、いつかちゃんとまた、放送してくれるのか?
ってか、私が掘りに行きたい!!!!!!!!!
子供の頃、落とし穴をしょっちゅう掘ってたから、
掘るのは得意よ!
掘るのがダメなら、せめて、現場で見学したい。
あの現場って、例えば、今 行ったら、私でも近くまで
行けたりするのかな。
立ち入り禁止になってるのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年5月 5日 (金)

余計なおせっかい病

先月、遠くに住んでいる友達が、手紙と、
お菓子とか和雑貨とか、色々、送ってくれた。
ステキな物をいっぱい、ありがとう。

Img_6518

Img_6521

Img_6522

Img_6523

Img_6524

で。
手紙の中で、とても辛いことがあったという報告。
何日間も、毎日、泣いていた、って。
読みながら、私まで泣けてきてしまって。


お礼のメールの中で、そのことに関して、私の思う所を
あれこれ書いたら、返信が来て、
「あゆちゃんのメール読んで、また泣いちゃった。
 でも、あゆちゃんのおかげで、ちょっと元気になれたよ」って。


それでも、もっともっと元気になって欲しくて、彼女が
元気になれそうなモノをあれこれ送って、手紙も書こう。
・・・と思っているのだけれど、ちょっと、どうしようかな、
っていう迷いもあって。


最近、チョー身近な人物から、私の「余計なおせっかい病」が
どんどんエスカレートしている、みたいな指摘を受けて、
自分でも「ああ、そうかも」と思い当たるふしがあったので、
誰かに対して、何かをしようと思い立った時に、今までのように
すぐに行動に移せなくなってしまって。
自分では善かれと思ってやっていることなんだけど、相手に
とってみたら、余計なおせっかいなのかもしれない、って、
ごちゃごちゃ、あれこれ、考えてしまうのだ。


数日前にも、そんなようなことが、あった。
電車で出かけて、帰ってきて、自分の最寄り駅で降りたら、
雨が降っていて。
傘がないので、ほぼ駅前にある、ダンナの職場(兼、ダンナの
実家)に走って行って、傘を借りた。


で、傘をさして、家に向かって歩いていたら、少し前を、
びっこを引いたおじさんが歩いていて。
びっこを引いているから、かなり遅い速度でしか歩けて
いないのだけれど、おじさん、傘を持っていないから、
濡れちゃってて。
急いでおじさんの所に行って、
「同じ方向みたいなので、良かったら、途中まででも一緒に
傘、入っていって下さい」って声をかけて、傘に
入ってもらおうとした。


でも、おじさん、
「いや、すぐ近くだし、俺に合わせてると時間
かかっちゃうから」って。
私が、「全然急いでいないんで、大丈夫ですよ」って
言っても、いや、いいです、って。
なんか、これ以上こっちが何かを言ったら、また
余計なおせっかいになっちゃうかな、と思って、それ以上、
何も言えなくなってしまって。


で、「それじゃあ、すみません」って言って、一人で
歩き出したけど、やっぱり、気になってしまう。
持っている傘が、自分の傘なら、その人にあげちゃって、
自分は走ってコンビニで安い傘を買えばいいけど、
その傘、義母から借りたやつだから、勝手におじさんに
あげちゃうわけにもいかず。


でも、やっぱり、そのまま一人で帰ることは出来なくて、
近くのコンビニに走って行って、ビニール傘を買って、
おじさんを追いかけた。
で、「これ、いらない傘なんで、良かったら使って
下さい」って言って、渡そうとした。
でも、おじさん、「いや、すぐそこの整骨院だから、
大丈夫」って言って、傘を受け取らない。
でも、帰りにまた濡れちゃうと思ったので、
「帰りにでも使って下さい」って言って、傘を渡して。


で、その帰り道、
「あー、なんか、もしかしたら、また、やっちゃったかな」って
凹んでしまったのだ。
おじさん、なんか、困惑したような顔をしてなかったか?
足だけでなく、もしかしたら手も不自由で、傘とか
持つのが辛いのかもしれないよね?
そうじゃないとしても、なんらかの理由があって、
傘、すごく迷惑だったかもしれない。
もし余計なおせっかいだったとしたら、悪いこと
しちゃったな。
あーーーーーー・・・・・・・・。


で、その後も、
「買い物をしたけど、重すぎて持って帰れなくなってしまって
途方に暮れているおじさん」を見かけて、
「良かったら、途中まで運びましょうか?」って声を
かけそうになったのだけれど、また余計なおせっかいかも、
って思って、声、かけれなかった。


その後も、杖を持って買い物している人が、商品を
取りにくそうにしている気がしたので、声をかけそうに
なったけど、また、やめてしまった。


でも、ごちゃごちゃ考えて、結局、声をかけずに
何もしないと、それはそれで、その後、ずっと気になって、
「ああ、やっぱり、困ってたんじゃないかなあ。
 声かけて、手伝えば良かったかなあ」って、
モヤモヤしてしまう。


なんか、困ったな。
これから、こういう時、どうするのが一番いいのかな。
47歳にもなって(なったばっかりだが)、こんなことで
悩むって、どうなんだろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月18日 (土)

Y.147

去年くらいから、めっちゃハマって集めている
アクセサリーブランド、「Y.147」。
私の大好きな「雫」がモチーフになっているのだ♡

Img_5611


数日前に、この↑リングをしていたら、義姉が
「かわいいーーーーーーーー!!」って言ってくれた。
そうなのだ。かわいいのだ。
リング以外にも、色々あって、全てが雫。


Img_5607

Img_5608

Img_5610

Img_5612


基本、透明な雫なのだけれど、カラーバージョンもあって、
そっちも可愛いので、その日の気分や、その日の服に
合わせられるように、色んな色のを集めている。

Img_5613


はあ、ホントに可愛い。
そして、この、「Y.147」というブランド名。
作っている方が、「ゆき」さんという名前なので、Y。
そして、その、ゆきさんの身長が147㎝なので、147。
いいブランド名だなーと思う。


私もチビだけど、ゆきさんは147センチなので、もっと
小さくて、お会いする度に、「かわいいー♡」と
思ってしまう。
(小さくて可愛いだけじゃなくて、顔も可愛くて、
しかも、とっても感じの良い方なので。)


さらに集める気マンマンなので、Y.147専用の
アクセ収納ケース(バカでかい)を買ってしまった。
そして、時々、眺めては、ニヤニヤしている
とても不気味な私(笑)
いいよね、そろそろ春だし(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年3月10日 (金)

青木美歌さんガラス個展

Fullsizerender


ガラス作品が大好きな私。
でも、ガラスものなら何でもいいってわけじゃなく。
私のツボにハマる、「これは!っていうモノには、
そう簡単には出会えない。


そんな私が、本当に、「これは!」と思える
ガラス作家さんを見つけてしまった。
TVを観ていて、たまたま知った、「青木美歌さん」。
TVに映った作品の数々を観て、「ああ、これは!」状態。
しかも、私と同じ、ムサビ出身らしい。
作品、ナマで観たい!!
・・・と思ったら、ちょうど、銀座で個展をやっていたので、
大喜びで観に行った(2月に)。


もう、ホントに、私のツボ。
ステキ。本当に、ステキ。

Img_6346

Img_6349

Img_6350

Img_6351

Img_6352

Img_6353

Img_6354

Img_6355


普通、こういうのって、写真撮っちゃダメなんだけど、
写真オッケーなのが、とっても有り難い。
ホントにステキで、観に行って良かった。


私も、美大受験の時、グラフィック系が第一志望だったけど、
「ガラスもいいな」って思って、そっちも1つだけ
受けたんだった。
ガラス、やっぱ、いいな。
でもって、青木美歌さんの作品に、いっぱい
刺激されて、私の創作意欲に、軽く火が着いた。
私も、また、個展、やろう。うん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年2月25日 (土)

板チョコ財布

Img_6111


最近ゲットした、板チョコの財布heart
これ、長いこと私が頭の中で
「こういう財布が欲しい」と思い描いていた、
そのものって感じ。
嬉しい!!


板チョコの食品サンプルのストラップを付けてみた。
いやん、チョー可愛いheart04

Img_6363


財布とお揃いの色んなのがあったので、
カード入れも購入。

Img_6115


この、板チョコシリーズ、色違い(ホワイト
チョコとか)もあったり、財布以外にも色々なのが
あるので、集めたくなってしまう。


1つ困るのが、この板チョコ財布、見る度に
ニヤニヤしてしまうこと。
財布からお金を出しながらニヤニヤしている
お客とか、気持ち悪いよね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2016年10月29日 (土)

渡辺満里奈の絵本

元・おニャン子クラブの渡辺満里奈(同い年さ)が
以前出した絵本を買った。
「ありがとう ターブゥ」、
「ごめんね ターブゥ」、
「おかえり ターブゥ」
・・・の3冊。
(渡辺満里奈は文を書いている)

Img_5188

Img_5189

Img_5190


特に渡辺満里奈のファンでもなかった私が、
何故、3冊も買ったか。
(おニャン子では、河合その子が好きだった)。


それは、絵を描いている人が、高校時代に通っていた
画塾の先輩だから。
もう少し詳しく書くと・・・。
高校時代、美大を目指して、デッサンを習いに通っていて。
そこには、美大を目指している人達が、色んな高校から
通って来ていて。
で、1学年上の先輩(高校は別)だった人なのだけれど、
とっても優しくて温厚で、ほんわかした雰囲気の、
めっちゃ性格の良い先輩(男)。


デッサンも、めっちゃ上手い先輩だったのだけれど、
当時の美大受験の競争率はハンパなかったので、
1浪して、ムサビへ。
私も、1浪して、先輩より1年遅れで、ムサビへ。
同じムサビだったけど、科が違うため、たまに
校内で遭遇するくらいだったかな。
卒業後に何してるかも、お互い知らず。


で、卒業して、ン十年。
つい先日、たまたま、渡辺満里奈の絵本の絵を、
その先輩が描いていることを知って、コーフンして
3冊買ったのだった。


画塾時代の人も、浪人してた時の予備校(美大受験用の)の
時にいた人も、それから、ムサビにいた人も、美術方面で
頑張っている人が、当然、いっぱいいるのだけれど、
そういう話が耳に入ってきた時、
「ふーん」としか思わない相手と、
「そうなんだ!めっちゃ嬉しい!」と思う相手とがいて、
この先輩は、後者。
活躍していることが、とっても嬉しい先輩。


絵本の最後に、先輩が描いた似顔絵と共に、
プロフィール(渡辺満里奈&先輩の)が載っていて。

Fullsizerender

Fullsizerender1


そういえば、先輩とは、約3年間、ほとんど毎日
アトリエで会っていたけど、先輩が描いた絵って、
観たことなかった。
(デッサンは毎日見てたけど)。
絵本の絵、優しくて、ほんわかしてて、暖かくて、
先輩らしいな。


さて、私は、美大に入ったけど、才能も実力もない上に、
すっかり、絵を描くのがキライになってしまって。
だから、先輩みたいに活躍している人を見てると、
すごく嬉しくて、眩しくて。
絵本観ながら、とってもシアワセな気持ちになった〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2016年7月 8日 (金)

ルノワールのフチ子

先日、地方に住んでいるルノワール好きの友達と
会う予定があったので、お土産にルノワール展の
グッズをいくつか買って行こうと思い、国立新美術館へ。


あまりゆっくりしていられる時間もなかったので、
今回は、展示は観ないで、グッズ売り場だけ行こう、
と思っていたら、駅の改札で、知らないおばあさんが
タダ券をくれて。

Img_4436


おばあさん、ありがとう。
何かお礼をしたかったのだけれど、お礼に
渡せるようなモノを何も持っていなくて。
後日、何か送りたいな、と思ったけれど、知らない
女に、住所や名前を教えるのなんてイヤだろうな、
と思ったので、お礼だけ何度も言って、それで
終わりになってしまったけど。
やっぱり何か、お礼、したかったな。


せっかくタダ券をいただいたので、展示の方も
ちゃんと観て、それからグッズ売り場へ。
友達のために、ルノワール展グッズをあれこれ
ゲットして終わるつもりだったのに。
ルノワールの絵の顔ハメのフチ子さんを
見つけてしまった!
しかも、3種類の絵が!!

Img_4441


コップのフチ子さんシリーズ、大好きで集めていたけど、
きりがないので、もう集めるのをやめようと思って、
ここ数年、ガマンして買わないようにしてきたのに。
絵画とコラボされたら、ガマンできないよ。
あ〜あ。買っちゃった。
でも、チョー可愛い♡


ついでに、ルノワールの付箋も、勝手に友達と
お揃いにして、自分用のも購入。

Img_4437


というわけで、先日、無事に、友達に
ルノワール展グッズを渡すことが出来て。
それについては、また後日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2016年6月29日 (水)

オレンジ・ボウル

食器棚がいっぱいになって使いにくくなったり
ゴチャゴチャしたりするのがイヤなので、普段、
いいなぁと思う食器を見かけても、買わないことに
している私。
(きりがないしね)。


そんな私が、ガマン出来ずに買ってしまったボウル。
樹脂の中に、ホンモノのオレンジが閉じ込められている。

Img_4377

Img_4378


ああ、キレイ。
ああ、ステキ。
ああ、かわいい。
届いたその日から、何度も手に取っては、うっとり。


匂いがするわけではないのに、ついつい、何度も
鼻を近づけて、クンクンしてしまう。


ああ、買って良かった。
本当に、良かった。
でも、これでもう、一生、食器類は、買わない。


・・・と思ったけど、これ、シリーズで色々
あるのよね。
形の違うボウルだの、プレートだの。
集めたくなっちゃうなあ。
でもガマンするよ。うん。頑張るよ。
(自信ナシ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2016年5月26日 (木)

46歳、初めて「ゼクシィ」を買う。

Fullsizerender


はい。
46歳の私、本日、生まれて初めて、
「ゼクシィ」を買いました。


本屋で、一通り探してみたけど見つからないので、
店員さんに
「すいません、ゼクシィって、どこにありますか?」って
訊いた時の、こっ恥ずかしさったら。


ところで、私、既婚なんですが、何故ゼクシィを
買ったのでしょうか。
もうすぐダンナと離婚する予定なので、そのあとで
再婚する時のために買った・・・とかではなく。
ふろく目当てでございます。


だって!
大好きなQ-potのモノが付録だなんて、
これが買わずにいられましょうか。
じゃじゃん!
見て!
Q-potの工具セットみたいなの!

Img_3494


板チョコ形のケースに、ビスケット形の
メジャーと、ドライバーが入っている、チョー
可愛いセット♡♡♡

Img_3493

Img_3497


いや〜、これ買う時、あまりにもこの付録が
嬉し過ぎて、ニヤニヤしてしまったわ。
でもって、
「はっ!46歳になってやっと結婚が決まって
ゼクシィ買いに来た、浮かれてニヤニヤしてる
おばさんに見られちゃう!」って思ってしまった。


ってか、この号、私みたいに、
「結婚するわけじゃないけど、付録が欲しくて買いました」
みたいな人、間違いなく、いっぱいいるんだろうね。
Q-pot好きな人は、やっぱ、これ、欲しいもんね。


ところで、ゼクシィって、めっちゃ重いのね!
今回だけ、こんなに重いの?
それとも、毎回、こんな感じなの?
こんな重い雑誌、初めてで、ビックリしちゃった。


さて。
せっかく買ったから、結婚の予定はないけど、
ゼクシィ、読んでみますかね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2016年5月 1日 (日)

「ブドウの食べ方がヘン」と言った男

ネットに、大物プロデューサーの記事が出ていた。
私が今まで「行きたい!!」と喰い付いた、
超・有名カフェばかりをプロデュース&運営してきた、
とてもスゴい人。


「うわ〜、私がチョー喰い付いたお店ばっか!」と、
興味津々で読んでいて、気付いた。
この人の名前、中1の時に同じクラスにいた
「N」と同じだ。
フルネームで、漢字まで同じ。


「もしかして、N本人か?それとも、同姓同名さん?」と
気になって調べてみた。
大物プロデューサーだけあって、彼に関する記事や
写真が、わんさか、わんさか、いっぱい出てきた。
Wikipediaにまで出てるし!
本まで出してるらしいし!


で、結果、同姓同名ではなく、N本人だった!
写真も、最初は別人かと思ったが、笑った顔とか、
間違いなくN。


Nとは、特に仲が良かったわけでもなかったけど、
私の中では、ものすごく鮮明に記憶が残っている。
一時期、同じ班だったから、給食の時は、机を
くっ付けて、一緒に食べていたのだけれど、ある日、
ブドウを食べていた私に、Nが、
「ブドウの食べ方がヘン!」と言ってきた。
そんなこと言われたのは初めてだったから、
「えっ?えっ?そーなの?私、ブドウの食べ方、
 ヘンなの???」って、ものすごく動揺した。


で、「どうヘンなの?」って訊いてみたら、N曰く、
「普通の人は、口の中に入れずに、口の前に
ブドウを1粒持ってきて、指で潰して、中身だけを
口の中に入れる」って。
私の食べ方は、丸ごと一粒を口の中に入れちゃう。
(今でもこの食べ方だわさ)。
口の中で、舌を使って中身を出して、で、皮だけを
口の外に出す。
本当〜〜に、微妙な違いだと思うんだけど。


でも、確かに、言われてから周りを見てみたら、
同じ班の子は全員、Nと同じ食べ方してた。
で、この時、
「なんか、Nって、すごくないか?
 中1のくせに、観察眼が鋭い。
 大人になったら、この観察眼のすごさを活かして、
 何か大きなコトをやるんじゃなかろうか」
って、思った。
そしたら、ホントに大きなコトをやってたわさ!


で、今日、私、ちょっと、調子に乗っちゃったのだ。
「中1の段階で、Nがいつか大物になるかもって
 予想してた私も、すごくないか?」って(笑)
で、調子に乗り過ぎたワタシは、ダンナに
「ねえ、私もすごくない?」って、ドヤ顔で訊いてみた。


そしたら、「ブドウの食べ方がヘンって言われたから
ブドウが嫌いになっちゃったの?」と、ダンナ。
ん〜、そんなトコに喰い付くか、ダンナよ。
確かにワタシ、ブドウは嫌い(ってほどでもないが、
好きじゃない)だけど、別にNに食べ方がヘンって
言われたから嫌いになったわけじゃない。


ってか、あれからン十年たった今でも、その
「ヘンな食べ方」をしている私は、このままで
いいのだろうか?
まあ、でも、ブドウは好きじゃないから、めったに
食べる機会はないんだけど。
ん、じゃあ、まあ、このままで、いっか。うん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

より以前の記事一覧